特急「あずさ」停車駅削減で山梨県知事が激おこ 国と自民党に圧力をかけjr本社に乗り込み謝罪させる 2019-05-22 2ch,5chまとめ , 与党 , 乗り物 , 地方 , 大企業 , 政府 , 政治 , 旅行とイベント , 日本 , 環境 , 産業 , 社会 , 自民党 , 自治 , 謝罪 , 鉄道 2019年3月ダイヤ改正で、中央線特急「あずさ」の停車駅が減少します。とくに富士見、下諏訪の両駅は特急の定期列車の停車本数が1日2往復にまで削減されますが、救済となる普通列車の接続は行われるのでしょうか。 11駅で停車列車減少 2019年3 あずさ・かいじ・富士回遊の停車駅一覧です。あずさ、かいじ・はまかいじ・ちばかいじ・むさしのかいじ・富士回遊、駅ごとの停車有無を確認できます。 一方、停車駅が大幅に削減される山梨県や長野県は、反発を強めている。山梨県内は、塩山駅・山梨市駅・石和温泉駅の3駅で特急あずさがまったく停車しなくなる。長野県内は下諏訪駅・富士見駅・塩尻駅・岡谷駅・上諏訪駅で特急あずさの停車本数が大幅に削減される。