固定残業代に含むみなし残業時間の上限は無限? 残業時間を定める際は、労働基準法に則っている必要があります。逆にいうと、固定残業代が労働基準法に則って計算されていれば、残業時間の上限は特段定められていません。 みなし残業代は、固定残業代や定額残業代ともいわれ(営業の人ですと営業手当の可能性も)ま すが、内容はどれも同じで、給料の中に例えば「月20時間までの残業代を含む」という規定をしておくことです。 これにより会社は決められた時間までの残業代の支払いは不要になります。 みなし残業は通常の残業に対する規定のため、 深夜残業や休日出勤の場合の割増賃金について定義されていません。 そのため、深夜残業や休日出勤が発生した場合は、労働者に割増賃金を支払う必要があり … みなし残業手当とは、 例えば「20時間分の残業代を含む」というように設定され、実際に20時間残業していなくても支払われる手当のこと をいいます。 なお、みなし残業手当という言葉は法律的に正式な用語ではありません。世間では、 固定残業代 や 定額残業代 と言われることもあります。 みなし残業代を含む金額にもかかわらずその旨を記載していなければ、求職者との間でトラブルが生じます。その可能性を考慮して、この法律は改正されました。 みなし残業はどの企業でも導入できますが、労働基準法に則って導入しなければトラブルのもととなってしまいます。 8 「みなし残業手当」「一律残業」「定額残業」「見込み残業」「営業手当」など様々な名称が使われてている固定残業代。固定残業制の場合は求人の広告にその旨を明記することが義務付けられています。記載しなければいけない内容と具体的な書き方の例をご紹介します。 あなたは、深夜残業した時の手当をちゃんともらえていますか?深夜残業手当が出る仕組みや手当の計算方法を知らないと、会社からごまかされていても気付くことすらできません。この記事では、深夜残業手当の仕組みと計算方法、出るケースを詳しく解説します。 固定残業代(みなし残業)の金額はどのように決めればいいのか、会社経営者側弁護士が解説しています。内容証明郵便、労働審判、労働訴訟、団体交渉等で残業代を請求されたら、東京都千代田区の弁護士法人四谷麹町法律事務所にご相談下さい。 実は、 私たちが普段「みなし残業」と言っているのは、この「固定残業制」のこと だったのです。 求人票には次のように書かれているので、気になっていた人も多いと思います。 「 月給25万円(月40時間分の残業手当を含む) 」 みなし残業とは賃金や手当ての中に、予め一定時間分の残業代を含ませておく制度です。みなし残業制度(固定残業制度)だから残業代は出ないという話しはよく聞きますので、労働者側の違法性やどんなメリットがあるのかを解説します。 みなし残業制度を導入するためには、基本給と固定残業代を明確に分け、何時間のみなし残業時間に相当するかまで、定めておかねばなりません。 正しい例① 【契約書の記載】 基本給 230,000円 固定残業代(30時間分)70,000円 正しい例② 【契約書の記載】