カレーの食中毒は、一晩寝かせた2日目のカレーでなることが多いです。 カレーは一度に大量に作り置きができる、便利で美味しい食べ物ですが、気をつけないといけないのが食中毒です。そこで、カレーの食中毒を予防するためにしておきたいことについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。 ここから本文です. 「残った温かい料理はいつ冷蔵庫へ入れればいいの?」「正しい冷蔵の仕方は?」 温かい食品を傷まずに新鮮な状態で保存できる方法を教えます! 食中毒対策にも役立ちますよ♪ カレーで食中毒になるって本当?! 保存方法によっては食中毒の危険性はあるが、きちんと保存すれば食中毒は回避できる. 食中毒予防の3原則 食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」 家庭でできる食中毒予防の6つのポイント; 食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント(政府広報オンライン) パンフレット ご自由に印刷してお使い下さい。 カレーの保存方法や調理法を間違うと食中毒の原因となるウェルシュ菌が大増殖して、一気に食中毒の危険が高まってしまうといわれます。今回はカレーが食中毒になりやすい原因やウェルシュ菌について、また、適切な保存方法などについて書いています。 トップページ > 食中毒 > こうしておこった食中毒【事業者編】 >前日調理のカレーによるウェルシュ菌食中毒. カレーは一晩寝かした方が美味しいと言われますが、カレーでも食中毒になることはあります。 カレーで食中毒になってしまった場合どのような症状になるのかをまとめました。 お弁当を安全に美味しく食べるために、食中毒の大原則は、「つけない」「ふやさない」「やっつける」 問題と解説はこちらから(PDF : 406KB) つくるまえ~「つけない」~