食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。. インドで赤は純粋、官能、スピリチュアルな色です。 一方、アフリカ諸国では、赤は死を連想する色として捉えられていて、ナイジェリアでは、侵略や生命力を意味します。 エジプトでは誘惑を連想する色だし、イランでは幸運や勇気の象徴です。 [Yellow] 派手な色が好き. ironna編集部 宗教 イスラム教の戒律に従うことを意味する「ハラル」に注目が集まっている。日本でも公的機関や飲食店を中心にハラル市場を狙う動きが目立つ。ただ、ニセ認証や便乗商法といった問題も表面化しており、ハラルへの正しい理解が受け入れ側にも求められている。 タイ旅行中、タイのマナーや文化、風習がわからず戸惑ったりトラブルに巻き込まれるのは避けたいものですよね。今回は、気持ちよくタイ旅行ができるために、知っておきたいタイの文化やマナー、風習やタブー、そしてすぐに使える簡単タイ語会話をご紹介します。 日本人が意外と知らない、インドの常識についてご紹介。「factorist」は、製造業エンジニアのための海外業務サポートサイトです。株式会社キーエンスが運営しています。 色鮮やかな民族衣装をはじめ、原色系の派手な色を好みます。その上、貴金属や宝石なども大好きで男女ともに大きく派手な指輪や装身具を身に付けています。 1-2 インドの治安や街文化について インドの様々な寺院 現地の人々の食習慣に注意すること。 特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている 心理的な背徳感から食べることができない インドでは一般的に月経の話はタブーです。 インドでは月経中の女性は不浄とされ、家の隅っこか外に建てられた小屋に5日間ほど隔離されます。 またキッチンで料理することも禁止され、家の隅っこで生理が終わるまでじっと待つしかありません。 女性が寺院に入る際(女性が入る事の出来る寺院がある場合)、スカート等、肌を出すことはタブー(できるだけ長袖の方がよい)。【ニューデリー/インド】【トルコ】 寺院は動物製の皮製品はタブー。 食生活.