2018年1月にエアアジアxに乗ってマレーシアを旅してきました。エアアジアxさん、クアラルンプール(マレーシア)行きは、成田ではなく羽田発着なのです( ̄ー ̄)o゛早朝にクアラルンプールに到着したとして、simや現地通貨はgetできるの?など エアアジアは今や東南アジアやオーストラリア、21カ国・120都市以上を結ぶ一大ネットワークを築いていいます。ハブ空港はクアラルンプールのみならず、バンコク、ジャカルタ、マニラ、シンガポールなど多数に及び、主要都市やリゾート地をほぼ網羅。

空席のあるクアラルンプール発東京行きの飛行機のチケット片道¥14,167~、往復¥31,675~予約はエクスペディアで。クアラルンプール(kul)から東京(hnd)のjal・anaやlccを含む航空券が表示されて簡単検索、オンラインで24時間即時予約・決済が可能。 今回、羽田からクアラルンプールへはエアアジアXを利用。なんと、UKOARA、初めてのAirAsia体験。台湾や韓国(EU内など)最長4時間くらいのLCCは体験済みですが、今回は7時間半! エアアジアd7 523便、羽田発クアラルンプール行23:45発に乗った時の搭乗レビュー。シートピッチ、チェックインカウンター・保安検査・イミグレの混雑具合、実際乗った感想など。 マレーシア・クアラルンプール国際空港での14時間のトランジットを終えて、東京・羽田空港へ向かいます。エアアジアは、クアラルンプールのターミナル2のklia2を利用して、注意点や機内で知り合った搭乗歴がたくさんあるお父さんからのアドバイスをまとめています。

東京からクアラルンプールまでの直行便は、成田発が毎日4往復、羽田発が毎日2往復運航されています。成田発を運航しているエアラインは、日本航空・全日空・マレーシア航空の3社。羽田発を運航しているエアラインは、全日空とlccのエアアジア・エックス

エアアジアを使って羽田からklへ移動した話です。 2014年9月 1rm=約33円 9月の東南アジア旅行。 エアアジアの航空券が安く手に入ったので、全ての航路移動でエアアジアを使用した。 今回は、羽田からクアラルンプールまで、エアアジアxの深夜便で飛んでみました。気になる座席や機内食などを、ご紹介しちゃいます。エアアジアの予約今回、エアアジアはインターネットでエアアジア公式サイトから予約しました。片道で羽田-クアラルンプール エアアジアを使って羽田からklへ移動した話です。 2014年9月 1rm=約33円 9月の東南アジア旅行。 エアアジアの航空券が安く手に入ったので、全ての航路移動でエアアジアを使用した。