エクセルの日付を自動で入力する方法を紹介します。基準となる日付の 1 日や月末、1 週間後、翌月など様々な日付を求められます。年月から 1 ヵ月分の日付をカレンダーのようにすべて入力できます。 エクセルでプルダウン(正式名称:ドロップダウンリスト)を設定・編集・解除する方法をご紹介します。既にある別シートのリストを使って設定したり、リストの選択結果を次のリストに連動させる方法など、プルダウンを使うためのノウハウを詰め込みました。 エクセル道場 ~秘密結社成り上がり編~ Excel 2013|選択項目をあらかじめ仕込んでおけるドロップダウンリストをつくる 2015年02月23日 12時30分更新 入力する日付を 2014/1/1~2014/12/31 の期間に制限したいと思います。 日付を入力するセル範囲 B3:B11 を選択しました。 エクセルで使う機会が多いプルダウンリスト(またはドロップダウンメニュー)の作り方を手順を追ってご紹介していきます。「データの入力規則」機能を使った方法や、別シートの情報をプルダウンリストで表示させる方法などもお伝えしていきます。

スプレッドシートではセルに日付を入力する時に、カレンダーから希望の日付を選択できるように設定することができます。カレンダーはポップアップで表示され、日付の入力をクリック操作のみで完結することができるようになります。 エクセルで数値や日付、時刻を入力規則で制限する方法について。この場合、プルダウン形式では表示されず、かつ指定した範囲外の数値は一切入力できなくなるので、他人に入力してもらう際など便利です。入力規則で効率的な業務を目指すことが可能です。

Excelではプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使うことによってあらかじめ入力規則を設定することで、入力ミスを防ぐ仕組み作りが可能です。今回はプルダウンメニューの作り方、編集方法(追加、検索、連動による自動反映など)、解除方法を解説します。 入力されるものを日付データに制限したいときには、入力規則を利用することができます。 入力できる日付の期間を指定する例 topへ.