エクセルの使い方④では、 「入力規則の設定」「コメント」 について説明していきます。 入力規則は、セルに入力する値に規則を設定して、その規則を満たしたデータしか入力できないようにする機能 で … [データの入力規則]の機能を使用すると、セルにデータを入力するときに、リストから入力できるようになります。リストに表示する項目をindirect関数を使用して指定すると、リストの中身を切り替えること … リストはエクセルのデータの入力規則で2つ作成します。 2つ目に絞込み選択できるリストを作成します。 リストを作成する時、名前の定義を使用する方法と使用しない方法がありますが、名前の定義を使用する場合は、エクセルINDIRECT関数を使います。 大量のエクセルデータを見ても困らない!手作業でムダな計算をしないで、関数でスピーディに計算できるビジネスパーソンを目指す講座です。完成版のエクセルファイルもダウンロードできるので、そのまま仕事にもつかえます!

入力規則を普通に使うと対象のリストは固定されていますよね。 でもたまに、1段階目のドロップダウンリストで東京都を選んだら2段階目で23区が選択肢になるように、1段目に福岡を選んだら2段目が福岡県の市が一欄になるように動的に変わって欲しい時もあります。 エクセル 2019, 365 の入力規則を設定する方法を紹介します。数値や日付の範囲や文字数など入力する値を制限できます。ヒントやエラーメッセージ、ime の状態なども設定できます。入力規則を解除する方法も紹介します。 エクセルでドロップダウンリストから項目を入力させる機能があります。リストの項目数が増えた場合に、選択範囲を自動で拡張する方法をご紹介します。サンプルファイルを用意したので、すぐに動作を確かめられます。 セルに入力されるデータを制限する「入力規則」機能。ここでは、その概略と設定方法、「リスト」「整数」「日付」など入力値の種類、そして入力規則を解除する方法について解説しています。より正確なデータ入力の実現を目指している方、ぜひご覧下さい! エクセルでデータの入力規則という機能を使うことで、入力ミスを予防することができます。また、プルダウンリストや日本語入力をオフにすることで、入力スピードも向上します。ちりも積もれば大きな効果がありますので、入力規則を設定する方法を知っておきましょう。