企業に「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」を聞かれたら、どんなエピソードを選べばいいのでしょうか。そこで、内定者500人にアンケートを実施。先輩たちがエントリーシートや面接でガクチカとして答えたエピソードtop3と企業に伝えたポイントを紹介します。 ガクチカがないと悩んでいる学生に採用担当者の目に留まる魅力的なガクチカの書き方と例文をご紹介します。ガクチカに書くのは頑張った事ではありません。例文を参考に、アルバイトや部活動、趣味、何気ない普段の生活の中からガクチカのタネを見つけましょう。 学生時代力を入れたこと(ガクチカ)。ガクチカはあらゆる場面で聞かれる重要な質問であり、ガクチカの質が選考突破を大きく左右します。ポイントを押さえて、適切にアピールしましょう。 2020.02.12 といっても、【ガクチカ】で「ゼミでの勉強」「研究活動(企業との共同研究等も含む)」「卒論」「卒業発表作品」等を話ができる方には、 是非注意してもらいたいことが一つだけあります。 それは 「素人にもわかりやすい用語を使って話す」 ガクチカで学業を使うとき、理解すべきなのは「面接官がガクチカで何を期待してるのか」ということです。 面接官は「研究テーマの内容」ではなく、 「専門性を高めた経験」や「専門性を活かして人に貢献した経験」 などを聞きたいと考えています。 ガクチカ(研究):研究での努力を証明する定量的な結果として 自己PR(研究):同上 学会発表(国内外発表数・受賞数) は専攻が異なれば比較が難しくなりますが、同専攻であれば比較対象として1つの指標になります。 就活における必須項目であるガクチカ。アルバイトやサークル活動のみで学生時代に胸を張って言える経験をしていないと悩む就活生必見!あなたのガクチカをブラッシュアップさせるノウハウを詰め込んだ記事になります! 【例文つき】周りと差がつく「ガクチカ」の考え方.

インターンシップ・就職活動情報(企業研究、選考対策)の就活まとめサイト「ジョブトラ」人気企業の企業研究情報やリアルな選考情報、実際に通過したエントリーシート等、就活生にとって役立つ情報を閲覧できるだけでなく、延べ30,000人が参加した就活支援セミナーを年間約250回開催!