グループ ポリシーを使用して自動更新を構成する. グループ ポリシー ソフトウェア インストールのアクセス許可を設定するには 編集するグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を開きます。 コンソール ツリーで、GPO のアイコンまたは名前を右クリックし、[ プロパティ ] をクリックします。 ログオンのたびに最初を起動するときにグループ ポリシーによってインストールされたアプリケーションを再インストール問題を修正します。Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 7 SP1、および Windows Server 2008 R2 SP1 でこの問題が発生します。 グループポリシーが適用されたpcでは起動時にクライアント(ct)が自動的にインストールされます。 注意 クライアント(CT)を展開したPCはインストール完了後にOSの再起動をする必要があります。 グループ ポリシーを生成するには次の手順を実行します。.msi パッケージを含むフォルダを参照します。パッケージをインストールするために、許可されたネットワーク ユーザーに対してフォルダを共有し … WSUS のグループ ポリシー設定を構成するときは、環境に適した Active Directory コンテナにリンクされているグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用します。 グループ ポリシーのソフトウェア インストールを開きます。(コンソール ツリーで [ソフトウェア インストール] を右クリックします。[プロパティ] をクリックし、[全般] タブで、次のオプションを指定します。[パッケージの既定の場所] では、既定のソフトウェア配布ポイントを指定します。 10/11/2017; この記事の内容.