ただし、これでは Windows からの Ping は以下のように表示されます。 c:\>ping 192.168.100.113 192.168.100.113 に ping を送信しています 32 バイトのデータ: 192.168.100.113 からの応答: 宛先ホストに到達できません。 192.168.100.113 からの応答: 宛先ホストに到達できません。 Windows nslookupで名前解決できるのにpingで名前解決できない問題の真相 - 2014年5月25日 AWS HeartbeatによるプライベートIPの付け替え - 2013年8月26日 AWS RDSのパラメータグループをGUIのみで設定する - 2013年6月30日 新しい環境だとpingが通らないのもいまいち原因をつかむのに一苦労する。 手順としてはまず双方向からpingを通してみる。片方が通る場合にはネットワーク上の問題はないはず。 pingが片方からは通るけど、反対方向からは通らない。このような事象がネットワーク変更時などで発生します。そんなときに、原因は大体共通して同じのことが多いです。そこで、そんなトラブルのときに確認すべきポイントを以下に列挙してみました。 Linux系でも時々やってる所は知ってます。 インターネット公開サーバなんかは ポート開放とルータの設定上 pingは通らない場合が多いです。 ルータ側で外部からのping応答しない設定が多い ※1 統計値は左から順に、 送受信パケット数 エラーパケット数 破棄パケット数 オーバーランパケット数 を示します。 ping 接続状態や応答速度を確認. pingは必ず通るものでもない。装置の設定によってはping自体を転送しなかったりする場合もあるからだ。 いつもはずっと応答のあるpingが、ときどきtimeoutする。 たとえば、20回くらい応答があったと思ったら、その後5回くらいtimeoutする。

Pingが通らないのです。 さらにLinuxにもワイアーシャークをインストールしてあるのですが、なぜか動きません。 股間が少ししぼんでいくのを感じながらモノブログは原因を追求し始めます。 ネットワークの接続状態や応答速度を確認します。 $ ping youtube.com PING youtube.com (172.217.25.238) 56(84) bytes of data.