「歯磨き粉は医薬品として作られていて 入っている成分はそれに準じている」 フッ素なども問題ない量なんだそうです。 実際、スウェーデンの家庭にお邪魔したvtrでは 家族みんな、歯磨き粉を吐き出した後、 歯ブラシは洗うけど、口はゆすがない。 大事なのは虫歯予防に欠かせないフッ素入りの歯磨き粉で、丁寧に小刻みに磨くこと! 日本に比べ圧倒的に虫歯が少ないスウェーデンでは、フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きしたのち、水で口をゆすがないのだとか...! (フッ素が歯に残ると虫歯菌が酸を出しても歯が溶けにくく虫歯になるリス� 歯磨き時に水を使わないイエテボリテクニックやってみました!! 「ガッテン!!」で、日本人よりも甘~い食べ物が大好きなスエーデンの人が虫歯の人が ほとんどいなくて、70歳以上の高齢者でも虫歯が1 磨いて口に残ったものだけ吐き出して口をゆすがない!?驚異の新歯磨き法. スウェーデンのご家庭の女子は、ゆすがなくても、むしろフレッシュだとのこと。 金子さんも歯磨き粉の爽快感が長く続くという感想でした。 眞木先生のお話によると、 1995年にスウェーデンの研究者たちは“イエテボリ テクニック”と呼ばれる新たな歯みがき法を発表しました。実験によると、通常の歯みがき方法と比べて虫歯の予防効果が40%以上高いことがわかったのです。 1日2回は当たり前、3回する人も珍しくない「歯みがき」。ところが今、大人の虫歯が増加中!最新の調査によると、虫歯を持っている人の割合は40代でほぼ100%。毎日みがいているのにどうして虫歯に …

コツは、 たっぷりの歯磨き粉を使う こと、歯磨き中は 泡と唾液を吐き出さない こと、 水でゆすがない ことです。 個人差はあると思いますが思った以上に 不快ではない ので、未来の虫歯ゼロのためにも早速今日からためしてみてはいかがでしょうか。 スウェーデン式の歯みがき術とは、また歯磨き粉の使い方、虫歯と歯周病予防法について説明します。 予防歯科先進国のなかでも最先端のスウェーデンが推奨する歯みがき方法が、僕が日常でしている歯みがき方法と、全くの反対であることに不安な気持ちになりました。 ① 歯磨き後は水でゆすがない、ゆすいでもごく少量の水(当院では15ml程を推奨しています) ② 歯磨き剤はフッ素入りのものを2cm程度使用する(この2センチルールは私は初耳でございました また、ユニークな商品も多くて興味深いです。先日友人の家で黒い歯磨き粉を見た時は驚きました。 また、友人が歯磨きの後に口をゆすいでいるのを見てびっくりしました。相手も僕が口をゆすがないのを見て驚いたようですが(笑)。 スウェーデンの方の歯磨きの後、水でゆすがないということにビックリしました。 想像しただけで妙な気分になります。 お国柄の違いなのか、人それぞれなのか・・・世界は広いなと感心しています。 ※下記は2019-05-09に投稿されたものです。 昨日 nhkのためしてガッテン!でスウェーデン式歯磨きの方法が放映されました。 それによるとスウェーデン式歯みがき法 とは、1995年にスウェーデンの歯科医師たちはイエテボリ テクニック"と呼ばれる新たな歯みがき法を発表しました。 イエテボリ法は、歯科先進国スウェーデンで始まった歯みがき法です。歯みがき剤の効果を最大限に引き出すイエテボリ法は、自宅でも簡単にできる歯みがき方法です。わずかなコツで虫歯を防ぐイエテボリ法について紹介します。スウェーデンはなぜ歯科先進国なの

スウェーデン式の歯磨き方法としてイエテボリックテクニックというものがあるそうです。 これは歯磨き粉を使って歯をみがいた後に、口をゆすがない、という方法です。 それに対してゆすがずに、口の中の歯磨き粉を「ペッ」と出しただけだと、25.8ppmも残ります。0回と1回の差は3倍も違います。 スウェーデン式の歯磨き法の秘密とは、ゆすがない「イエテボリ・テクニック」にあった のです。 イエテボリテクニックのやり方 口をゆすがない歯磨き方法 スウェーデン式って? .