だからダッシュとかヒルクライムが苦手の車種です。適してる乗り方は、ブルベとか、長時間、長距離など、強弱の少ない乗り方をする人にオススメのジオメトリー(自転車の設計)です。 動画でも説明してます↓ パナソニックの軽快さを味合うならcx系のフレームがオススメ。これ … クロモリはそんなに言うほどオワコンな素材なのでしょうか? 勿論クロモリにもレース向きなフレームがあると思いますので、全く勝負にならないというわけではないと思うのですが…。 ちなみに、用途は主にアップダウンが多いコースやヒルクライムです。 A選手には重量11kgのクロモリバイクで、B選手には重量8kgのカーボンバイクでヒルクライムに挑戦してもらいます。 結果は如何に?と考えた場合、どちらに分があるでしょうか? ビギナーライダーからエリートライダーまで、そしてデイリーユースにおすすめ。カスタムオーダーならステップに沿ってサイズやパーツを選んで自分だけのバイクをオーダーできます。