suv風ミニバンはより快適&安全なクルマ!! 1.専用エクステリア満載の「クロスター」新設定 2.ブレーキステップダウン制御の採用 3.エンジン改良による実燃費の向上 フリード クロスター試乗!!! ホンダが、コンパクトミニバンである「フリード」の新モデル発売を予定しています。 新モデルにより魅力をアップする新型フリードについて、スペックや価格、発売日などを最新情報をからご紹介します。 1 フリードのハイブリッド・ガソリンどっちにも共通の特徴. こちらはHonda フリードの公式情報ページです。最新のWEBカタログで、スタイリングやインテリア、荷室をはじめとする、フリードの様々な魅力をチェックいただけます。

1.1 コンパクトなボディなのに6~7人乗り! 1.2 高い予防安全性能を装備! 1.3 フリードはどんな人にオススメ? 2 フリードハイブリットは燃費と加速がおすすめ! 2.1 ハイブリッドならではの低燃費! ホンダ フリード b / g / g sensing / クロスター sensing /フリードプラス g / g sening / クロスター sensing /乗車定員5-7人 2016年登録(1500cc gb6 cvt 4wd レギュラー)の平均燃費:15.46km/l。 今回はフリード クロスターの燃費をもとにガソリン代と維持費を計算してみました。 なお、他の車種と比較するとフリード クロスターの燃費は全車種の燃費ランキングで204位、ミニバンの燃費ランキングで16位、ガソリン車の燃費ランキングで108位となっています。 フリードのマイナーチェンジは2019年10月18日に行われ後期型へ:ミニバン×SUVのクロスオーバーモデル「クロスター」の設定、Honda SENSING全車標準搭載、車体色にシーグラスブルー・パールの新設定、フロントフェイスを一新するなど大幅な改良が加えられました。 コンパクトボディにスライドドアなど、ファミリー層に人気の高いホンダ・フリード。10月18日にマイナーチェンジすることが予定されているが、実車を取材することができたのでリポートする。新たに追加された新グレード「クロスター」についてもお届けしよう。 フリードにはクロスターとノーマルタイプの一部グレードに2wdと4wdが用意されています。 雪の多い地域に住んでいる方は4wdモデルを選ぶことが多いと思いますが、それ以外の地域に住んでいる方はどちらを選べばいいのでしょうか? そのあたりを今回は記載していきます。 2019年10月にマイナーチェンジしたフリードにクロスオーバーモデル、クロスターが追加された。suv風ミニバンとなっているクロスターを試乗する機会を得た。どんなクルマで、どんな走りをするのかを解説する。

フリード/フリード+の3つのポイント. フリードに限らず、現在は燃費性能を求める方がとても多いです。 中には走行性能よりも燃費を重視する方もいるようですが、カタログ燃費と実燃費があまりにも違うと感じた方もいらっしゃると思います。 今回はフリードの燃費に関して記載していきます。