ブローオフバルブの大気放出のメリットはどんなことがありますか? (あくまで公道走行不可の競技車両として) エアフロセンサーがブローオフバルブよりエンジン側にあれば吸気量が狂うことは無いと思うのですがどうでしょうか? 走っている車から「プシュー」という音や、「キューン」という甲高い音を聞いたことがありませんか? あの音を発生させる"ブローオフバルブ"とは一体どんなパーツなのか?どのような効果をもたらしてくれるのか。ブローオフバルブについて知りたい方は覗いてみてください! ダイハツL175SムーヴカスタムRSの純正ブローオフバルブ(リサーキュレーションバルブ)のホースを外して大気開放化してみました。 参考情報:ムーヴカスタムRSL175S 純正ブローオフ大気開放 youtubeatchvfU02RxkUyPY23 秒45K 回の視聴20100510

Coto sports 純正加工強化ブローオフバルブは、タービン保護のリリーフ機能は保ちながら、 リリーフ圧を1.5kg~とする事で、過給時のブースト漏れを防ぎ、踏み返し時のレスポンスを向上させます。 開放音が目的の大気開放タイプではなく、純正同様にバイパスタイプの為、 EJ20 ブローオフバルブは、ターボ車によく装着されているものです。ターボ車がアクセルオフしたとき、「プシュー」という音がしませんか?この音はブローオフバルブによるものです。そんなブローオフバルブですが、決して音を出すためだけに装着されているのではありません。 さて、今回購入したのはトラストのGReddy ブローオフバルブFV。 純正ブローオフにはない次のようなメリットに惹かれて購入した。 メリット①バルブ開放(リリーフ)を抑えて過給圧を逃さない ブローオフバルブやウエストゲート式で注意しなければいけないのが大気開放で、純正採用されているものなら問題ありませんが、社外品では大気開放すると車検に通りません。 トラストブローオフにする3つのメリット. ブローオフバルブは一般公道では意味がない!? ブローオフバルブを取り付けると車検に通すならターボの過給器圧を大気解放させてはいけません。 大気開放しないと派手な音もなりませんから 純正ブローオフバルブとほとんど変わらないといえます。