バージョン1.10で追加された「ストラクチャーブロック」を使えば、最大「32×32×32」計32768ブロックの範囲のブロックやエンティティをコピーし、好きな場所に設置する事が出来ます。今回は、その「マイクラのコピペ機能」とも言える便利な機 Java版Minecraftのマルチプレイ用のセーブデータは、通常1つしか作れません。しかしサーバー環境を複数構築することで、ワールドのデータを複数保有できます。そのあたりの手順を詳しく解説していきま … iOS,Android,Switch,Xboxone,Windows10と幅広い端末に対応した遊びやすさが魅力のマインクラフト統合版ですが・・・ 『別の端末にワールドを移植したい!』と思ったことはありませんか? コツコツと育てた可愛いワールドを移植する方法、教えます。 アップロードできました。これであなたのワールドがサーバー上にコピーされたということです。ちなみに契約している間はここから更に定期的にバックアップが作成されるので安心ですね! ストラクチャーブロックで、コピーした建物を一斉に貼付けしている様子。レッドストーン信号で建物のペーストができますから、例えば一瞬で建物が出現する仕掛けがcloneコマンドを使わずに実現できます。さらに「貼り付ける部分を限定=めり込ませて設置」もできるんです。 受信側でワールドをダウンロードしよう