インスペック株式会社とは インスペックグループは、半導体パッケージ基板・精密基板検査装置関連、精密基板製造装置関連及びデジタルパソロ

ロールtoロールにてフィルムへのナノパターン成形が可能な高速熱インプリント装置を提案します!独自の高速加熱冷却システムやフィルム剥離機構により、高スループットを間欠/連続にて成型可能。モスアイの高速成形も可能。

12月3日に新規事業としてフレキシブル基板のロールtoロール型のシームレスレーザー直描露光機を世界で初めて開発した事で注目されている インスペック も反発中です。引き続きここから注目したいところですねぇ。 次に、個別のインスペック単体の月次の受注状況です。 先ほどからお話しているとおり、今年(2018年)の4月に非常に大きな受注をしています。この内容はそのほとんどが、ロールtoロールの大型の装置でございます。これは今期、すべて

INSPEC6656>はストップ高。ロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機の開発・製造・販売を新事業として取り組んでいくことを発表している。これは、世界で初めてフレキシブル基板をシームレスに連続露光可能とする装置。ワイヤハーネスの急速な増加に伴ってニーズが増加していたもよ

最新投稿日時:2019/12/03 09:52 - 「インスペック急伸、新たにロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機事業を開始」(みんなの株式) 結論から言うと、ロールtoロール型検査装置の開発に加え、次世代半導体向け超精密基板検査装置の引き合いが強く来期業績に直結しそうだという実需を伴った思惑から上昇しているのです! 装置?なんのこっちゃ?と思われる方もいます

まず、インスペックで11億1,200万円。このうち、ロールtoロール型検査装置が7億6,000万円で、約7割を占めております。このロールtoロール型検査装置は、過去の説明会でも何度か触れておりますけども、当社が戦略的にフォーカスして

ロールtoロール型高性能検査装置RAシリーズを販売開始: 平成29年1月: 連結子会社のテラ株式会社が、株式会社クラーロの全事業を譲り受けクラーロ株式会社に社名変更: 平成29年9月: 東京証券取引所マザーズ市場から同証券取引所市場第二部へ変更 今井製作所のロールtoロール洗浄装置。フィルム材(フィルム状)のロールtoロール洗浄装置です。粗洗浄から仕上げ洗浄後、乾燥し巻取る装置となっております。

インスペックは,世界初となる長尺fpc(フレキシブル基板)をシームレスに連続露光可能なロール・トゥ・ロール型シームレスレーザー直描露光機(r-ldi)の基本機能の開発が完了したことにより,r-ldiの開発・製造・販売を新たな事業として取り組むことを発表した(ニュースリリース)。