※常用の従業員(労働者)を雇用された場合は、「事業所」として労災保険に加入しなければなりません。 ご加入後の切り替え手続きも当組合で行っておりますので、ご相談下さい。 ※年度途中での脱退ができますので、その際はご連絡下さい。

一人親方は交通事故の被害者になった場合にも、一般の方とは少し異なります。休業した場合の損害が大きく変わるからです。 企業で働いていれば、怪我をしてでもできる仕事で給料はもらえるでしょう。

建設業の一人親方が労災保険に特別加入するための団体。対象地域は、神奈川・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・山梨・静岡・福岡・大分・長崎・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島・大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・徳島・高知 一人親方が交通事故の被害者になった場合. 建設現場の『一人親方』が加入すべき「一人親方の労災保険特別加入制度」を分かりやすくまとめました。制度の内容や手続き方法だけでなく、そもそも労災保険とは何?一人親方とは?というところから簡単に分かりやすく解説しています。 労災保険(労働災害補償保険)は事業主、役員、特殊な業種の方以外は原則「強制加入」の保険です。労災保険手続きを行わず未加入の場合は、会社側が保険料や給付金の追加徴収を受けるなどのペナルティを受けます。では、労働者側にとってのリスクは何なのか、解説していきます。 Q 当社は、建築工事業を営む建設会社ですが、この度、下請けの一人親方が工事中に被災しました。この方は、労災保険の一人親方特別加入をしておりませんでした。この場合、元請会社である当社の労災保険からの給付を受けることはできるでしょうか?