ただ、「選択範囲」の「色域選択」で範囲指定して塗りつぶしを行うことで 同じようなことは現状でも可能ですので 代わりにこちらをアクションとして登録されてみてはいかがでしょう? 選択範 囲ツールで選択した範囲の、外周に密着した選択範囲を作る。 実線の「黒」の部分にもちょっと赤色が入ってますね・・・ということは、実線部分も選択範囲の一部という事に。 (3 )内部選択 描線で閉じられた透明領域に選択範囲を作る。 選択した範囲内で線に囲まれた部分を塗りつぶすので、「 」だけは囲みきらないように選択すれば「 」は塗りつぶされません。 このように塗りつぶしたい場所だけを囲みきるように選択すれば、簡単に素早く塗りつぶすことができる便利なツールです。 選択→塗りつぶしでは先端の塗り潰しが出来ておらず不格好になってしまいます。 この問題はデジタルイラストを描いている人の多くが通り、悩んだのでは無いかと思います。

塗りつぶしツールの設定が関係している可能性があります。 サブツールパレットで[他レイヤーを参照]を選択し、ツールプロパティ右下の 初期化アイコンから初期化をお試しの上、塗りつぶしをしてみてく … 1-1.まず上記(1)と同じくクリスタを立ち上げ新規キャンバスを作成、 ベクタレイヤに対して図形を描画します。 1-2.描画できたら次に 「投げなわ選択(シュリンク選択)」や 「矩形選択(形状選択)」 を使用して図形を範囲指定します。 クリップスタジオペイントの「囲って塗る」ツールをご紹介します。囲って塗る↑上記のような線画の「髪の毛」に色を塗りたい場合、「通常の塗りつぶしツール」では何度もクリックしなければ塗りつぶすことができません。しかし、「囲って塗るツール」を利用す 参照レイヤーを使いこなす-応用編- "選択範囲・マスク #5" by ClipStudioOfficial - 参照レイヤーの基本的な使い方をベースに、さらに便利に使うための応用的な使い方をご紹介します。※参照レイヤーの設定方法など、基本的な使い方は以下をご覧ください。