サーキット走行を楽しむ方なら、軽量化のために助手席やリアシートを外したいですよね。各シートを外した状態で公道を走行しても交通違反に問われませんが、車検には通りません。なぜでしょうか? ジムニー(jb23w)での車中泊でもっともオーソドックスな方法です。 助手席をフラットにして簡易ベッドにすれば、快適な車中泊をすることができます。 みなさんは、クルマの車内で寝泊まりをした経験はありますか?家を選ぶ時に、駅が近いなど好みの条件があるように、実は車中泊にも適した場所が存在します。そんな車中泊におススメのポイントや、あると嬉しい便利グッズなどを集めてみました。 掲載日:2019/01/29 ©︎Motorz 車中泊できる場所 密かにブームが継続している車中泊。 本来ミニバンクラスのモデルで行うのがセオリーです。 しかしモデルによってはコンパクトカークラスでも車中泊が可能なことが実証されています。 後席がせまいと言われているc-hr。 はたしてこのモデルで車中泊はできるのか。 実際に車中泊して本当の寝心地を確かめている、この企画。第2弾は、ホンダ「n-van」。車中泊を想定して設計された軽バンは、予想以上に快適な車中だったようです! そこで、運転席ないし、助手席を前へスライドさせさらに前へリクライニングさせると、長さが約160cmほどになります。 斜めに寝ると、約188.6cmと大人でも大体の人がまっすぐに寝ることの出来る …

サーフィンライフに欠かせないのが車。サーフポイントまでの移動…朝イチのいい波に乗るため、前夜から車中泊…着替え、海上がりの休憩…快適なサーフィン環境を支えてくれる愛車には、サーフボードと同じぐらいの愛着が湧くものです。