Google Meetで会議を始める方法 【主催者側が会議に招待する】 まずは、Playストアにて、「Google Meetアプリ」をインストールします。 そして、Google Meetアプリをタップして立ち上げます。


Google カレンダーの予定または会議の招待状に記載されている電話番号を入力します。 次に、PIN と # を続けて入力します。 Meet アプリまたはカレンダー アプリで電話番号をタップします。

Googleは4月29日(米国時間)、同社のWeb会議サービス「Google Meet」を無償で提供すると発表した。提供されている機能と制限はZoomとよく似ている。 Google Meetのアイコン; Google Meetの使い方(パソコン編) Google Meetを起動; ミーティング開始してカメラとマイクを許可; ミーティングに招待する方法. ①ミーティング開始後に発行するURLを共有; ②事前にGoogleカレンダーでスケジュール登録して招待 Google Meet では、デバイスや場所を問わずにビデオ会議を開始したり、ビデオ会議に参加したりできます。組織の内外のユーザーを招待する、画面を共有する、チーム全員で行うための会議を作成するといったことが可能です。 Googleのビデオ会議ツール「Google Meet」では、Googleカレンダーの予定にボタンを追加して招待・参加できますが、会議のURLをコピーし、それを参加者に案内する方法もあります。相手から「URLをメールで送ってほしい」などと言われた場合に活用しましょう。 例えば、招待メールが届いた場合は「ミーティングに参加」を選択してもらい、PCであればWebブラウザを、スマートフォンやタブレット端末であればGoogle Meetアプリを開いて参加します。 Google Meetとは. Google Hangouts Meetの仕様について ・Meetの開催方法は、「即時開催」「予定開催(Googleカレンダーに登録)」の2通り。 ・「即時開催」するとURLが発行される。そのURLを何らかの方法でゲストに連携 or 招待メール送信機能で送る。