日本では山崩れなど土砂災害が多く発生し、犠牲者も多く出ます。「どんなものが土砂災害の前兆となるのか」「緊急時にどう対応すべきか」がわかると非常時の備えになります。ここでは、日本で土砂災害が多い理由や土砂災害の種類と原因について紹介します。 土砂崩れ対策として、人工林だけでなく広葉樹(天然林)の保全も有効です。 その場所で育った広葉樹林は、多様な樹種を持ち、地域への適応力も強い森林です。 土砂崩れが起こる場所. 「地すべり」が起きた後の家は、対策のしようが無いのか?過去の例に学ぶ、地すべり後の家の修理方法 本当に火災保険が使えるのか?そんな疑問にお答えしていきます。 崩壊土砂対策の適用場所 山間部の道路や民家裏の急傾斜地などは、特に崩壊土砂発生の危険性が高い場所です。 プロテックエンジニアリングは、急傾斜地の特徴を十分に考慮し、周囲の自然環境に調和する対策工を提供します。 神奈川県逗子市池子で発生した土砂崩れに関して土砂災害専門家を派遣します(2020年2月6日) 今後の土砂災害対策のあり方を検討~土砂災害防止対策小委員会(第2回)を開催~(2020年1月24日) 2.3 自分の家が「土砂災害危険箇所」か、こうしてチェックしよう! 2.4 自分の家が「土砂災害危険箇所」だった。対策は? 3 他県の「土砂災害危険箇所」は有るの? 4 ご利用上の留意事項. 4.1 More from my site; 4.2 共有: 4.3 いいね: 出典:cgr.mlit.go.jp まず土砂崩れ(土砂災害)には土砂災害防止対策に関する法律で、『急傾斜地の崩壊、土石流または地すべりを発生原因として国民の生命又は身体に生ずる被害 …