在宅医療(訪問診療)に関する主な視点(案)② 2.看取りを含めた在宅医療の充実 多様化する療養に関するニーズへの対応や看取りを支える在宅医療の推進 (1)患者の状態・特性に応じた在宅医療の推進 ・複数の疾病を有する患者の総合的な医学管理 在宅療養支援診療所、在宅療養支援病院等の役割(イメージ) 資料3-2 地域医療支援病院 ・地域の医療・介護関係 者による協議の開催 ・医療・介護関係機関の 連携促進 ・在宅医療に関する人 材育成や普及啓発 地域包括支援 センター 在宅療養支援診

在宅医療という言葉を最近よく聞きますが、「訪問診療」と「往診」の違いなど、知っている方は多くないのではないでしょうか。訪問診療と往診では、医師の訪れる頻度が違います。在宅医療の問題点なども含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。 在宅医療とは、自宅で治療・療養を続けていくことをおこなうことをいいます。在宅医療には「人生の最期まで住み慣れた我が家で過ごすことができる」という利点があることから、病院ではなく、こうした在宅での治療を望まれる方もいらっしゃいます。 現行の医療保険ではどの程度まで在宅医療の味方でいてくれるのでしょうか。2008年ごろから急速に増え始めた在宅医療は少子高齢化の余波を受けて今なお増え続けています。保険というのはいざというときに知っても意味がありません。事前に医療保険の働きを見ておきましょう。 在宅医療とは 「在宅医療」とは、お体の機能が低下し、通院が困難な方の自宅に医師が訪問して行う医療です。つまり、寝たきりの高齢者や、回復が難しい障害者の方など通院が困難な方のためのものです。 在宅患者訪問薬剤管理指導: 居宅療養管理指導: 保険: 医療保険: 介護保険: 薬局薬剤師: 1.単一建物診療患者1人 650点 2.単一建物診療患者2〜9人 320点 3.1,2以外 290点 : 1.単一建物居住者1人 509単位 2.単一建物居住者2〜9人 377単位 3.1,2以外 345単位: 麻薬管理指導加算 がん保険に在宅療養給付金がついているけど、どういうときに支払われるか言葉だけでは分からない、今のがん保険の内容でいいのか不安など、現在の医療と照らし合わせながら、分かりやすくがん保険の現状と在宅療養給付金の支払われ方についてまとめました。 本シリーズでは、在宅医療の現場に飛び込んだ若手医師が感じた、在宅医療の難しさ、おもしろさ、コツについて紹介します。 第一回のテーマは、「在宅医療とは」です。 昨今、在宅医療の重要性が認識されてきており、在宅医療にシフトする医療機関が急速に増えてきました。 在宅療養=在宅医療+在宅介護+家族介護 在宅医療=訪問診療+往診+訪問看護 研修医への教育は、ここから始まる。 在宅療養=在宅医療、ではない。 在宅医療=在宅医学をベースにした医療。 医療とは、科学と技術とアートの総合作業。 今回は「在宅医療」について、守口市でアイル在宅医療クリニックを開院されている東 功院長に伺いました。薬剤師さんや訪問看護さんとの連携、訪問看護を利用する際の条件等についても掲載しているのでご確認ください!