次に、実際に硬化した後の色合いなどを画像付きで詳しく説明します。 100均のレジン用着色剤のカラーチャート 基本の五色.

・不透明になる着色ができない(uv光が届かなくなる) ・粘度が高いため気泡が入りやすい ・硬化後も紫外線に反応して徐々に黄色く変色しやすい ・硬度が低いため、硬化後の加工(研磨など)が困難 ・価格が高い. 硬化後のレジンではアレルギーを発症することはほとんどありません。しかし、レジン液でアクセサリーなどを作るときに手袋をせず素手で触ることを繰り返すと、体に抗体ができて上の画像のようにかゆみや湿疹などのアレルギー症状を発症します。

といったところです。 エポキシレジン ホワイト・イエロー・レッド・ブルー・ブラックはこんな感じの色合いになり … チャームを配置してからの硬化後にデコボコや気になる箇所がある時は再度レジン液を足して硬化すると良いです。 硬化時間の目安はレジン液のパッケージに書かれています。 最後の硬化だけ記載されている時間より長めにする事をお勧めします。 6. uvレジンの場合、ある程度固まってしまっても対処することができますが、エポキシレジンは一度硬化してしまうと、基本的に溶かすことはできません。 レジン作りの練習中によくある、しまった! レジンの作り方を覚えようとたくさん作っているとき、よくやってしまうのが ・混ぜたカラーサンドやラメで見えなかった気泡が硬化した後に穴になった ・ピンバイスで穴を開けるつもりがレジン作品が厚すぎて傷だけついてしまった 硬化後に溶かすことはできない. レジンの加工の仕方、カット、穴あけ、バリ取り、気泡の穴の埋め方、削り方、接着、磨く(研磨)、ツヤだし仕上げ、道具選びなど、レジンでアクセサリーや小物を作るために必要なテクニックとコツを、キャリア29年のレジン作家がご説明しています。

レジンにパステルを使って着色したいと思っている方は多いと思います。でも、削り方次第でだまになったりイマイチ安定しない時もありますよね~。この記事ではだまになりにくい削り方をポイントを押さえて紹介しています♪