生活保護法が改正されたことにより、2018年10月より生活保護の方へは「原則、ジェネリック医薬品(後発医薬品)を使用すること」となりました。「単に患者の希望だけでは先発医薬品を調剤することはできない」となりました。では『薬局薬剤師は今後どう 生活保護法の改正により、平成30年10月1日から、医師又は歯科医師が医学的知見に基づいて後発医薬品を使用することができると認められた場合は、原則として、後発医薬品が給付されることになりました(生活保護法第34条第3項)

基礎的医薬品とは? 基礎的医薬品とは、不採算品再算定、最低薬価になる前の 薬価を下支えする制度 です。要件を満たす医薬品については、最も販売額が大きい銘柄に価格を集約してその薬価が維持され … 2018年4月1日から、後発医薬品置き換え率の計算から除外される先発医薬品・後発医薬品が新しく変わりましたので、情報を整理しておきます。※厚生労働省のページの情報は随時更新されています。正しい情報は厚生労働省のページで収集してください。(a

生活保護制度の利用を希望される方は、お住まいの地域を所管する福祉事務所の生活保護担当までお越し下さい。生活保護制度の説明をさせていただくとともに、生活福祉資金、各種社会保障施策等の活用について検討します。 2. 平成30年10月1日から生活保護受給者に対しては後発医薬品による調剤を行うことが原則化されます。 これは平成30年6月1日に可決され、6月8日に公布された生活保護法の一部改正が施行されるためです。 これまでも、生活保護受給者については後発医薬品を使うように求められていました。

2018年の生活保護法改正では、被保護者である患者について、医師や歯科医師が医学的知見に基づいてジェネリック医薬品を使用することができると認めた場合には、原則として、ジェネリック医薬品により投薬が行われることとなった。

基礎的医薬品とは? 2016年4月の診療報酬改定から、先発医薬品でも後発医薬品でもない「基礎的医薬品」というカテゴリーが新しくできました。 エッセンシャルドラッグとか必須医薬品みたいな概念に近 …