売掛金は、会社経営や個人事業を営んでいく上で、常にしっかりと管理しなければならない重要な債権(お金)です。一般に、売掛金が回収できなくなることを「貸し倒れ」といいますが、本記事では、売掛金の回収と具体的な貸し倒れ防止策について紹介します。 売上確定日に売上高、 振り込まれた日に売掛金の回収で入力すると売掛金残高は0円になる。 売掛金の回収に振り込み手数料があった場合 . 売掛金回収 〔税理士からのコメント〕 商品の引き渡し時期は、平成25年12月25日ですから、たとえ商品代金の回収時期が翌年(平成26年)であったとしても、平成25年分の売上高として計上しなければならないのでご注意ください。 「売掛金」は、商品やサービスの提供から代金の受け取りまで、期間が空く場合に使う勘定科目です。ごく簡単に言うと「後払いで受け取る予定の売上」のことです。商品やサービスの提供から、その代金を受け取るまでに間が空く場合、その金額はいったん「売掛金」として扱います。 売掛金 10000円 / 売上高 10000円 ————————————————– 普通預金 10000円 / 売掛金 10000円 . 自営業者とは、会社に勤めて給料をもらっている人ではなく、独立して法人(会社)という形態をとらずに個人で事業を営んでいる方のことです。似たような言葉に個人事業主・フリーランスというのがありますが、一般的には自営業と同じ意味で使われている場合が多いようです。 売掛金の回収は放置すればするほど回収が難しくなります。取引先の倒産などで回収が不可能になってしまい、打つ手が無くなる前に一刻も早く対策を練ることが重要です。回収の有効期限や回収手順も含めご説明します。 この記事では売掛金を支払ってもらえずに困っている方や、これからの売掛金トラブルを避けたいと考えている方の為に「売掛金の時効」「売掛金の回収方法」「法的手続に発展した場合のリスク」「売掛金回収の手段」「売掛金の未回収を防ぐ方法」を紹介します。 売掛金として売上を仕訳していた物が、回収できなかった場合の記帳方法です。売上があっても相手側の倒産や法的なキャンセルなど、決して他人事ではありません。今回は、回収不能になった売上を取消して仕訳するまでを見ていきたいと思います。 売掛金の回収に疑問や不安を抱えている経営者・事業主の方も多いのではないでしょうか。この記事では売掛金を回収する5つの方法について手順や主な流れについて解説します。また効率的に回収を行うコツや、売掛金に関して知っておくべきルールや注意点も説明しています。 売掛金などの債権が回収できそうにない場合は、貸倒れの危険性の大きさにより仕訳の方法が異なります。 【取り扱い】 貸倒損失 貸倒れの事実が発生したときは、貸倒損失を計上します。