そして使用する燃料はなんと300ℓです。. 計算すると燃費は 3.6km/L となります。. 大型トラックの寿命を走行距離で計算すると、およそ70万km~100万km といわれています。 毎年10万kmも走行するのですからそう簡単に寿命がきては元が取れない計算になってしまいますから、この距離は妥当な距離なのかもしれません。 実際に私の場合でのリアルな燃費を計算してみますね! 私のコースでは1往復で1100キロ走ります。. 大型トラックの買い替えのタイミングは何時? 年数と走行距離の平均寿命を超えてしまうと買取金額が下がっていきますので、超える少し前に買い替えるのが良いでしょう。 年数は10年、15年というのが大型トラックの区切りとしてあります。 大型トラックの平均燃費とは! . 中古トラックの販売・買取業者「上野自動車」の「トラックの寿命はいつ?走行距離との関係性や寿命の伸ばし方を紹介!」ページ。中古トラックの販売・買取に関連するおすすめの情報を配信しております。中古トラックの販売・買取のことならぜひこちらで情報収集してみてください。 耐久性・走行距離からみた 長いようで短いトラックの寿命は? 一般的にトラックの寿命は 普通の乗用車と比べて長いと言われています。 日本の自動車製造の技術が上がっているので それにともない長く使えるように 工夫がされていますが、 耐久性・走行距離から見たトラックの寿命は。。。 大型トラックの燃料タンクの容量は、どのタイプも一定だと思われがちです。しかし、実際にはそうではなく、タイプによって異なるケースも多いです。そこで、長距離タイプ、中距離タイプ、地場タイプ、ダンプやミキサー車の計4タイプに絞って容量の目安をご紹介しましょう。 トラックが寿命といわれる状態に達するまでの走行距離は、乗用車の場合とどれくらい違うものなのでしょうか。また、買取はどんなタイミングで行うのが得なのかも気になるところです。走行距離から見るトラックの寿命、買い替えのタイミングについて解説します。 乗用車は10年で走行距離10万kmが一つの目安とされます。トラックの場合、年数はそれほど変わらなくても、距離は30万から40万km走っていても現役ということがめずらしくありません。大型トラックであれば70万kmから100万km走ることも可能です。 この記事では、日本各地のトラック運転手に走行距離に関する世の中のアンケート調査結果を分析してみました。トラックといっても、大型トラックから小型トラックまでがあるため、運転する距離にはばらつきがあることが予想されます。