結婚を境に、正規雇用されている女性が64.2%から43.6%に減っていることが分かります。第一子を出産後、仕事を辞める人の割合は36%。仕事を続ける人は正規雇用で19.8%、非正規雇用で9.4%弱です。 総務省の2018年の労働力調査では、非正規の職員・従業員の人数は全体で2120万人です。前年よりも84万人増加した結果となりました。そのうち、フリーターが占める割合はどの程度なのか。当コラムにて詳しく解説しています。 非正規社員の数は年々飢えており、2018年には雇用者全体の4割以上が非正規雇用者であると公表されています。 2008年をピークに日本の人口が減少している一方で、なぜ非 結婚前後に妻がどのような就業状態であったかを見ると、結婚後も就業を継続する者の割合は6割前後で推移しており、結婚退職する者の割合は1985~1989年の37.3%から2005~2009年の25.6%まで減少している(図表62)。 結婚・出産・育児で仕事をやめる女性たち 今回は女性の多くが就いている「非正規雇用」について考えてみたいと思います。女性の多くが非正規雇用であることは世界共通 始めに正社員男女の賃金格差はどれくらいあるのかを国別に見てみましょう。 2 1.日本の未婚化の実態 日本の結婚、恋愛の現在 ①結婚する人、している人の減少 未婚者率 30 代前半ー男性47.3%, 女性34.5% ( 2010 年)30代後半ー男性35.6%, 女性23.1% ② 独身者で交際している人 … 低学歴の女性では低 い。30歳以上の女性 も低い。 表 1 過去 1 年間に 非正規雇用を離職した者の正 社員への移行状況( 15 ~ 44 歳、在学中を除く) 男女計 男性 女性 計 14,129 14.9 25.7 10.7 年齢 15-1歳 415 16.4 15.7 17.1 2-24歳 2,500 21.9 28.3 18.1 25-2歳