本許可は、試験研究等のために水産動植物の採捕を行う場合に、神奈川県漁業調整規則の規定に係る制限又は禁止等を適用除外することを目的とするもので、本県海面漁業調整規則第43条第2項または神奈川県内水面漁業調整規則第30条第3項に基づき申請するものです。

徳島県漁業調整規則及び徳島県内水面漁業調整規則の一部改正が平成22年2月25日に公布され、公布の日から起算して30日を経過した日から施行します。 今回の改正の概要は以下のとおりです。

広島県内水面漁業調整規則や、漁業協同組合が定める遊漁規則をまもりましょう。 釣りをするときは,漁業協同組合が発行する 遊漁承認証 が必要です。

ダウンロード

水産課 ≪お問い合わせ先≫ 島根県農林水産部水産課 住所:〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 電話:0852-22-5312 FAX:0852-22-5929 Eメール:tobiuo@pref.shimane.lg.jp 徳島県漁業調整規則及び徳島県内水面漁業調整規則の一部改正が平成22年2月25日に公布され、公布の日から起算して30日を経過した日から施行します。 今回の改正の概要は以下のとおりです。 広島県の淡水釣り場情報.

tel 083-933-3530 ・山口県下関水産振興局・水産班. 2 この規則の施行前に改正前の徳島県内水面漁業調整規則 (以下「改正前の規則」という。) 第三条の規定によりなされた申請又は届出については、なお従前の例による。 川や湖の魚を捕る際は、事業として行う漁業の場合も、レクリエーションとして行う遊漁の場合も、漁業法と水産資源保護法およびこの二つの法律に基づいて定められている青森県内内水面漁業調整規則のきまりをまもらなければなりません。 鳥取県内水面漁業調整規則では、千代川水系、天神川水系又は日野川水系に係る河川において、8月1日から9月25日までの期間にかにかごを用いて、もくずがにをとることが禁止されています。 (目的) 第1条 この規則は、漁業法 (昭和24年法律第267号) 及び水産資源保護法 (昭和26年法律第313号) その他漁業に関する法令とあいまって、県における水産資源の保護培養、漁業取締りその他漁業調整を図り、併せて漁業秩序の確立を期することを目的とする。

茨城県内水面漁業調整規則には次のようにあります、 第2章 水産動植物の採捕の許可 (水産動植物の採捕の許可) 第6条 次の各号に掲げる漁具又は漁法によって水産動植物を採捕しようとする者は、漁業又は漁法ごとに知事の許可を受けなければならない。

水産課 ≪お問い合わせ先≫ 島根県農林水産部水産課 住所:〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 電話:0852-22-5312 FAX:0852-22-5929 Eメール:tobiuo@pref.shimane.lg.jp 遊漁規則とマナーを守りましょう. … 福島県内水面漁業調整規則をここに公布する。 福島県内水面漁業調整規則 目次 第一章 総則(第一条―第五条) 第二章 水産動植物の採捕の許可(第六条―第二十三条) 第三章 水産資源の保護培養、漁業の取締り等(第二十四条―第三十三条)

なお,漁業権によって遊漁の規制内容等が異なります。 詳しくは,漁協,内水面漁連又は県農林水産局水産課に問い合わせてください。 ※第5種共同漁業権が免許されている河川や漁業権者については,ページ下の連絡図を参照してください.

★太田川、小瀬川、芦田川、高梁川、江の川他、鮎の友釣り情報は、広島 鮎釣り解禁情報をご覧ください。 ★広島県内水面漁業協同組合連合会 〒730-0051 広島市中区大手町2-9-6 水産会館 082-249-1185.

島根県内水面漁業調整規則 昧和39年11暻10日 島根県規則第72号 島根県内水面漁業調整規則をここに公布する。 島根県内水面漁業調整規則 目次 第1章 総則(第1曵―第6曵) 第2章 漁業の許可(第7曵―第27曵) 第3章 水産動植物の採捕の許可(第28曵―第49曵) 河川・湖沼の内水面では、地元の内水面漁協が第5種共同漁業権の免許を受けている水面が多く存在します。 これらの漁協では、漁業法に基づいて、アユやコイなど漁業権の対象魚種についての増殖義務が課されていることから、稚魚の放流等を行っています。 広島県内水面漁業協同組合連合会 内水面漁協は、河川の自然環境を守るため、日々水産資源の保護と河川環境の保全に努力しています。 TEL.082-249-1185

河川・湖沼の内水面では、地元の内水面漁協が第5種共同漁業権の免許を受けている水面が多く存在します。 これらの漁協では、漁業法に基づいて、アユやコイなど漁業権の対象魚種についての増殖義務が課されていることから、稚魚の放流等を行っています。 漁業調整規則とは,各都道府県ごとに水産資源の保護培養を図ることを目的として定められております。 宮城県では,水産資源の保護培養のため,禁止区域,期間,罰則などの事項を盛り込み,「宮城県内水面漁業調整規則(h11.12)」を定め,秩序の維持に努めております。 これらの規制は,漁業者だけでなく遊漁者の皆さんにも適用されますので,規制を守って適正に採捕を行ってください。 全長等の制限・ 禁止期間 広島県内水面漁業調整規則第25条(禁止期間),第26条(全長等の制限) 漁業法及び水産資源保護法の規定を受け愛知県では、水産資源の保護培養、漁業秩序の維持を目的として愛知県漁業調整規則を定めています。規則は、漁業の許可、水産動植物採捕の制限、漁業取締り、罰則等について定めており、県内の公共水面に広く適用される規則となっています。

県下の海面漁業と内水面での水産動植物の採捕は,次の法規に基づいて許可されます。 漁業法第66条第1項 中型まき網漁業,小型機船底びき網漁業; 鹿児島県漁業調整規則第7条 (1)水産動植物の採捕を目的として営む漁業 もじやこ漁業,さんご漁業 漁業や遊漁について不明なことは、下記のところまでお気軽にお問い合わせください。 ・山口県農林水産部水産振興課・漁業調整取締班.