(1)相続税の申告書の提出義務者 (相続人が障害者でかつ成年後見を要する場合) 相続税の申告書の提出義務者は、 相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に納税地の所轄税務署長に提出しなければならない と定められています。. 成年後見人、成年被後見人の定義を教えてください。 納税地はどこにすれば良いですか。 申告書の氏名はどのように記載すればいいですか。 振替納税制度は活用できますか。 居住用不動産の譲渡を行った場合、控除は受けられますか。 成年後見人に対する報酬と相続債務. 相続税の申告期限との関連性. 相続の手続きと流れ、実際の手順を解説!相続には期限があったり、被相続人の死亡届の提出、相続税の申告など、慣れない作業で大変かと思います。そこで、見ればスムーズに手続きが行える内容をご紹 … 札幌で相続税の申告なら札幌相続相談室 > 新着情報 > 相続相談室(q&a) > 成年後見人に対する報酬と相続債務. 3.2 税務上の申告期限と未成年者控除 ①相続税申告期限と未成年者控除 未成年者と成年被後見人であるときは、その法定代理人が相続の開始を知った日の翌日から10か月以内に相続税の申告書を提出しなければなりません。 相続人が認知症などの場合は、成年後見制度を利用して遺産分割をすることになります。成年後見制度は利用手続きなどに手間がかかる反面、相続税が安くなるというメリットもあります。 相続人が認知症などの場合は、成年後見制度を利用して遺産分割をすることになります。成年後見制度は利用手続きなどに手間がかかる反面、相続税が安くなるというメリットもあります。(2ページ目) 成年被後見人について、税務上よく問い合わせを受けることの一つに、相続税の申告期限があります。相続税の申告期限は、相続人について、相続の開始があったことを知った日から10月以内とされています。 法定相続人が未成年であれば、未成年者が成人になるまで分割しないでを待つという方法をとることができます。成年後見制度を利用しないで、相続税の申告期限が到来するまでに成人になるのであれば、成人した後に遺産分割をするということもできます。

相続税の申告期限は死後10か月? 一般的に相続税の申告期限は、死後10か月以内だと言われていますが 相続税法第27条には「その相続の開始があったことを知った日の翌日から10月以内」 と書かれています。 つまり、被相続人の死亡日から10か月ではなく 相続人に「成年被後見人」がいると相続税が安くなる.