日本脳炎の予防接種、その気がなくても子供が病気をしたりすると、間隔あけすぎになってしまう事ありますよね。 ただでさえ、年によって薬の種類や接種方法、回数なども変わってきて、たった数年の間に大きく予防接種の数が変わる事も珍しくありません。 日本脳炎予防接種説明書 (サイズ:62.35kb) PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。 同ソフトがインストールされていない場合には、 Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。 日本脳炎の予防接種は、平成17年度から平成21年度にかけて、接種の積極的勧奨が差し控えられていましたが、これにより接種を受ける機会を逃した方[平成7(1995)年4月2日から平成19(2007)年4月1日生まれの方]は20歳未満の間、特例対象者として無料で接種を受けられます。 蚊を媒介する日本脳炎の発病を防ぐには、予防接種が欠かせません。一旦発病すると重症化するだけでなく、後遺症や命の危険に及ぶ可能性も。そこで今回は、日本脳炎ワクチンの予防接種を受ける年齢・時期・間隔・回数から、気になる料金や副反応までをまとめました。 日本脳炎ワクチン 対象年齢. 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした(いわゆる「積極的勧奨の差し控え」)。 - Page 2 of 2乳幼児が受ける予防接種には定期接種と任意摂取があるのを知っていますか。定期接種は感染力が強い病気に対して国が赤ちゃんの命を守るために摂取を勧めるものであり費用はかかりません。一方任意接種は保護者の判断で受けるもので費用は基本的に自費です。 平成 7年6月1日から 平成19年4月1日生まれの方で、 4歳以上20才未満の方は 公費(無料)で接種できるようになりました。 合計で4回の接種が必要です。ご確認下さい。 第1期 ・初回 1ヶ月間隔で2回 ・追加(1回) 日本脳炎ワクチンの予防接種をはじめ、海外勤務前の各種予防接種を行っております。予防接種と海外赴任者健康診断の同時接種も可能です。世界各国国別地域別の感染症情報をご案内。輸入ワクチンも取 …