ブタの日本脳炎ウイルス感染状況 2008年. ブタの日本脳炎ウイルス感染状況 2000-2008年. 詳しくは、ブタの日本脳炎hi抗体保有状況調査-2009年速報第8報-(外部サイト)(国立感染症研究所ホームページ)をご覧ください。 横浜市では、平成15年からウエストナイルウイルスのサーベイランス事業の一環として日本脳炎ウイルスの調査もしています。

日本脳炎の潜伏期間は6~16日とされ、発熱、頭痛、意識障害、麻痺、けいれんなどがみられるが、日本脳炎に特徴的な症状はない。髄液検査では細胞数増多、蛋白上昇を認めるが、血液検査では異常所見を認めないことが多い。 図3. 日本を含めた発生状況、感染経路を含めて、医師監修記事でわかりやすく解説します。 ペストの原因、感染経路、致死率、種類、予防 日本の発生状況は? 年齢別/年齢群別日本脳炎予防接種率 2008年. 図1. 日本脳炎報告数(なお、2007年に報告された1例は2006年の発病である。) 図2. 図4. ブタの日本脳炎抗体保有状況 -2019年速報第3報- (2019年8月13日現在) 速報一覧へ 戻る 日本脳炎は、日本脳炎ウイルス(Japanese encephalitis virus: JEV)に感染したヒトのうち100~1,000人に一人程度が発症するとされている重篤な脳炎である 1)。