消費税はどうなのでしょうか。 消費税は、 ・預かった消費税から支払った消費税を引く または ・預かった消費税から計算する(簡易課税) というしくみです。 ・利益から計算しない税金は、経費になる のパターンといえます。 月末に消費税を預金から支払ました。このときの借方の勘定科目を教えてください。貸借対照表の表記が正しくないのですが、実務の上で具合がいいので参考にして頂けたら幸いです。決算時の処理等は前述の方々の仕方で処理すべきと思います 支出科目は空いている科目に「仕入(軽減)」「経費(軽減)」を設置します。 これは期中の経過勘定として、所得税計算のための決算時には正規の科目「売上・仕入・ 本来の経費科目」に振替処理します。あくまでも消費税額計算のためのものです。 「勘定科目の租税公課ってどんな時に使うの?」「租税公課の言葉の意味とは?」経理上の使い方や注意すべきポイントを押さえて説明していきます。経理を10年以上担当し、租税公課で扱った仕訳例や消費税区分を参考にご案内します。経理処理がよりスムーズに行えるようになります。 「消費税の仕訳はどうしたらいいの?」 「軽減税率でなにか変わった?」 この記事では、消費税に関するこんな疑問に対して詳しく解説していきます。 「軽減税率で変わること」を先に言うと、仕訳自体は今まで通りで何も変わりません。