会社都合により退職を余儀なくされた方については、失業保険の所定給付日数が多めに付与されたり、3ヶ月の給付制限が免除されたりします。このような方のことを「特定受給資格者」といいます。 特定受給資格者に比べて、給付期間が半分以下になるケースもあります。 しかし、自己都合離職者の一般受給資格者とは違い、失業保険給付を3ヵ月遅らせるペナルティはありません。 特定理由離職者の場合、失業保険はどのくらいもらえる? 特定理由離職者に給付される1

20年以上 150日 . 受給資格の決定; 基本手当の所定給付日数; 基本手当の所定給付日数に係わる算定基礎期間について [139kb] 特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準 [1,574kb] 特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準(平成29年1月1日前離職版) [1,143kb] 5~10年未満 90日. 【求職者給付】 給付日数. 倒産・解雇等による離職者(特定受給資格者及び特定理由離職者) ※単位「日」 10~20年未満 120日. 特定受給資格者とは?失業保険が増える離職理由. 一般の離職者(全年齢共通) 5年未満 90日.