バナナにはカリウムとマグネシウムが豊富に含まれているので、肝臓・腎臓・心臓に問題のある犬、ストルバイト結石を抱えている犬には念のため控えた方がいいでしょう。食べさせる際は、かかりつけの獣医師に相談した上で食べさせるようにして下さい。

バナナは人間にとっては健康によい食べ物ですが、犬にとっては害を及ぼす食べ物ではないのか気になりますね。また、バナナの皮を食べてしまった場合、どう対処すればよいのでしょうか。そして、バナナを食べさせない方がよい犬とはどういう犬なのかを詳しくご紹介していきます。 バナナ ©nhk ためしてガッテン. 犬が結石を引き起こす原因は 、特定の成分の過剰な摂取、栄養素の分解が不十分だったことによるもの、尿路内での細菌の増殖 があります。. 1.特定の成分の過剰摂取. これらの中だったら、お茶か、バナナあたりが最も手にも入りやすく、食べやすいものではないかと思います。 なぜ抗酸化物質が結石に効くのか 犬に比較的多い尿路結石。結石が出来てから対処するパターンが多いのではと思いますが、尿路結石は食べ物の内容に気を付けることで、ある程度予防できます。今回は、犬の尿路結石を防ぐための食材の選び方、作り方について解説します。 本記事は犬の尿路結石について紹介しています。犬の尿路結石の症状、原因、治療・手術方法、予防方法、なりやすい犬種や年齢、保険の適用等を紹介しています。尿路結石を放置すると手術しなければいけませんが、フードやりんご、鹿肉等の食事やおやつに気をつければ予防できます。 ドッグフードや食べ物に含まれる 「リン、マグネシウム、カルシウム」を過剰に摂取 したことによって結石を引き起こします。