犬にとって心臓病は、決して珍しい病気ではありません。犬に多い「僧帽弁閉鎖不全症」「フィラリア症」はどのような症状が出るのか、心臓病の早期発見方法や治療法、予防のためにできることなどを、獣医師の三宅先生にうかがいました。 犬の腎不全とは、腎臓や全身にどのような影響がある病気なのでしょうか。また、検査の数値ではどのようなことがわかるのでしょうか。腎臓病はがん、心臓病に次いで多い死亡原因とされているため、愛犬の命を守るためにも早めの予防と治療を行いたいですよね。 犬の寿命は医療・食事・環境などから、ここ数年で飛躍的に伸び続けていますが、寿命が延びたことによって老齢に伴う病気も増えています。その中でもガンや心臓病は死亡原因でも上位を占め、今後さらなる寿命延長の鍵を握っている病気と言えるでしょう。 心臓は、血管から全身に血液を送るポンプのような役割をします。 心臓に異常が起きると、筋肉や弁の動きが悪くなり、全身に血液を送れなくなります。 「犬の心臓病のステージについて」でもまとめていますが、心臓病にはいくつかのステージが存在します。 ステージ1、ステージ2(b1)、ステージ2(b2)、ステージ3、ステージ4とあり、数字が進むにつれて症状が重くなります。 犬の心臓病の手術!リスクや成功率と予後や費用などまとめ! ですから、飼い主さんができる対策としては、 心臓病の悪化を防ぎ、お薬の効果を最大限に 発揮させるために日常生活においていくつか 注意してあげる ことです。 【注意すること】 犬の心臓病の症状について.