犬にとって心臓病は、決して珍しい病気ではありません。犬に多い「僧帽弁閉鎖不全症」「フィラリア症」はどのような症状が出るのか、心臓病の早期発見方法や治療法、予防のためにできることなどを、獣医師の三宅先生にうかがいました。 そこで、犬に生肉を与えるメリット・デメリット、生肉の上手な与え方、お肉の量、おすすめの肉の種類について、一緒に確認していきましょう。 近年、野生の犬の食事に近いbarf(バーフ)が注目されています. 心臓病におすすめの国産無添加手作りご飯の素「健康一番」をはじめ、内臓(ハツ)を使った生肉・オメガ3系サプリ・おやつ・鮮魚のパラパラミンチ・乾燥野菜など、心臓病の愛犬にお勧めの手作りご飯食材をご紹介します。 犬の腎臓病の治療方法は、ステージ・原因・病態により、内容を検討する。 犬の腎臓病に共通する食事療法として、「タンパク質制限」「リン制限」「ナトリウム・クロールの制限」「カリウムの調整」「オメガ3脂肪酸の増量」「抗酸化物質の添加」「水分摂取」の7ポイントが挙げられる。 犬が好む食べ物のナンバーワンは、何といっても「お肉・生肉」です。犬は肉食性の強い雑食動物であり、栄養学からも「お肉・生肉」をメインの食事に添えることが理にかなっています。 かといって、お肉関連の食材・原料であれば、何でも犬に与えれば良い訳ではありません。