ご飯を冷凍するとき、ラップの包み方がめちゃくちゃ重要だということをご存知でしょうか?ほら、冷凍ご飯をレンジで解凍後、ラップの開け口がなかなか見つからないことありませんか?お腹は空いてるし熱いしでめっちゃイライラしますよね。あとそうだ! ご飯の冷凍保存には、タッパーを使うことが多いと思いますが、おいしく食べるには実は、ラップで包んで保存するのがおすすめです。 実はわが家もしょっちゅうタッパーを使って保存していますが、もちろんおいしいですし、簡単なのでおすすめなのですが、少しデメリットがあります。 ご飯を多めに炊いた時、余ったら冷凍しておくことがありますね。 その際、正しい手順で保存すると、 より残りご飯が美味しくなりますよ! そこで今回は、一人暮らしにおすすめの、 ご飯を冷凍する時の正しいラップの包み方と、 冷凍庫に入れるタイミングを紹介します。 ご飯をまとめて炊いて、冷凍保存し、電子レンジで炊きたてご飯の味を再現しましょう!上手な冷凍保存のタイミング・仕方や、ラップでの包み方など、冷凍&解凍の方法のポイントをお伝えします。ぜひご家庭でもお試しください。

ご飯が余った場合、ラップで小分けに包んで冷凍保存する方が多いと思います。 ラップの包み方や解凍の仕方によって、美味しさに違いがあることを知っていますか? ラップの包み方や冷凍方法、解凍の仕方までまとめてみました。 2016年6月28日放送の「あさイチ」のスゴ技!は「ラップ使いこなし術」 ラップの種類、冷凍ご飯にする包み方、お椀の包み方、 スマホの砂よけまで活用術を紹介 スポンサードリンク 冷凍ご飯のあけ口がわからない ラップの使い・・・ 余ったご飯を冷凍したり、調理の時短や節約のためにラップで小分けにしたご飯を冷凍保存しますよね。 ご飯を冷凍・解凍する場合にはちょっとしたコツで随分味が変わるみたいです。 ただし、いくら冷凍とはいえあまり長期間保存は味が落ちるだけ。 ふっくら包む ご飯をふっくら包むことも、美味しいご飯のためには大切なコツです。できれば一人分ずつラップや容器にふっくらと入れて冷凍してください。 ラップの場合は、10cm四方、厚さが1.5cmくらいで平らに包んでくださいね。薄くすることで早く冷凍することができます。