一方、独自の1口クラブを持たない白老ファームは生産馬をサンデー、社台、G1の各クラブに振り分けています。 たとえば、最近だと繁殖牝馬ゴールデンドックエー (父Unusual Heat) の子は次のように振り分けられています。

10日、東京競馬場で3歳マイル王決定戦・nhkマイルc(g1)が行われ、9番人気の伏兵ラウダシオン(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が優勝した。


G1サラブレッドクラブ、クラブ紹介。 一口馬主、一口クラブ馬の総合情報。クラブ馬データベース、クラブ分析、出資馬管理ツール、出資馬検討ツールなど。初心者向け情報も充実。「一口ライフをもっと楽しく、もっと便利に」 白老ファーム2019年生産馬からg1サラブレッドクラブで2020年に募集されそうな馬を適当に予想します。この中から1.75頭くらいは募集される自信があります。 【nhkマイルc】ラウダシオンvに生産者ビックリ!白老ファーム石垣氏も感激「これが競馬ですよ」 [ 2020年5月11日 05:30 ] 競馬 一方、独自の1口クラブを持たない白老ファームは生産馬をサンデー、社台、G1の各クラブに振り分けています。たとえば、最近だと繁殖牝馬ゴールデンドックエー (父Unusual Heat) の子は次のように振り分けられています。 96年の高松宮杯(g1)を、デビューから僅か7か月で優勝した天才少女フラワーパークも今年で19歳。白老ファームで繋養されている繁殖牝馬の中でも、年齢、キャリア共に「ベテラン繁殖牝馬」と言われる存 …