2019年10月から自動車の税金が大きく改正されます。ポイントは2つ。「自動車税」の税率が恒久的に引き下げられることと、「自動車取得税」が廃止され「環境性能割」が導入されることです。買うならどんなタイプの車がおトクになるかを検証します!

自動車税は、1.8リッターのプリウスでは10月1日以降の登録で年額3500円下がるが、4万7500円を取り戻すには13年以上を要する。 このように見ると、1.2〜1.3リッターエンジン搭載車が損得の境目になるが、先に述べた通り10月1日以降はすべての商品やサービスに2%の消費税が上乗せされる。 「自動車税・軽自動車税って、いつまでに・どうやって払えばいいの?」 「住所が変わったら?月割はできる?滞納したらどうなるの?」 「節約する方法はないの?」 この記事はそんな方へ書いています。 初年度登録が2019.10.1以降[自動車税種別割] ※ 令和1年"k2019"l年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用乗用車 令和2年4月改定 年間 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 cc以下 25,000 22,900 20,800 18,700 16,600 14,500 12,500 10,400 8,300 6,200 4,100 2,000 0

自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。自動車税は13年を超えると高くなるのかご説明。自動車税は車検証に記載の新規登録日から、13年以上経過すると高くなります。10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課もご説明。 軽自動車税には、月割りはありません。 軽自動車税には月割りはありません。4月2日以降の早い時期に購入すると、1年分の軽自動車税10,800円を節約できます。軽自動車税支払いも考慮に入れて購入時期を検討するのが賢い選択といえるでしょう。