相続税申告が必要な場合は、早めにご準備されることをおすすめします。 ご相談ください 当事務所では成年後見選任申立書の書類作成代行を 99 , 800円(税別) で承っております。 成年後見人は遺産分割協議において、意思能力のない相続人に代わって遺産分割協議書や相続税申告書などへの署名や押印を行います。印鑑証明書なども、成年後見人の物を使用します。 成年後見人の選任方法 ①家庭裁判所に申立する 相続税申告書は相続人全員が同じ紙で提出できるような形式で作られています。 そのため通常は相続人全員が同じ申告書にそれぞれ押印して提出することで、全員の申告が完了したものと取り扱われます。 (申告書のサンプルです。緑色のフセンの箇所に相続人がそれぞれ押印をします。


遺産相続において成年後見制度の利用が必須となる場面があります。それは、遺産分割協議を行う際、認知症などが原因で正常な判断ができない相続人がいる場合です。無視して進められるのでは?と考える方もいらっしゃいますが、遺産分割協議は相続人全員参加が 成年後見人、成年被後見人の定義を教えてください。 納税地はどこにすれば良いですか。 申告書の氏名はどのように記載すればいいですか。 振替納税制度は活用できますか。 居住用不動産の譲渡を行った場合、控除は受けられますか。 相続人が認知症などの場合は、成年後見制度を利用して遺産分割をすることになります。成年後見制度は利用手続きなどに手間がかかる反面、相続税が安くなるというメリットもあります。 【成年後見人と遺産分割協議について】「遺産分割協議」のために後見制度を利用しても自由に遺産分割協議ができるわけではありません。名古屋市中村区・愛知県安城市の行政書士法人エベレストが、成年後見人と遺産分割について解説します。 相続人が成年被後見人で成年後見人が相続税の申告を行う場合、成年被後見人の提出書類、氏名等、印鑑等は成年後見人のもので全て代用して構わないのでしょうか?(成年被後見人は1表の氏名欄に名前記載するのみで、後は成年後見人が行うと