小さい苗 . 紫陽花の挿し木の正しい時期. 紫陽花の挿し木の正しい時期. 挿し木をして、まだ3号ポット苗ほどは生長していない苗の場合は、 紫陽花の挿し木に大切なことは「 時期 」と「 挿し木選び 」のふたつだけです。 基本的には適切な時期に挿し木を準備して、水を切らさないように鉢植えすれば発根しどんどん育って翌年から翌々年には花を咲かせるようになります。 冬の1~3月に紫陽花を剪定した後の木質化した茶色の古枝(葉なし、脇芽は枯れそう)で挿し木に成功した管理方法や休眠中の枝でも挿し木は失敗しない実例を実験の結果で立証しています。 紫陽花の挿し木に大切なことは「 時期 」と「 挿し木選び 」のふたつだけです。 基本的には適切な時期に挿し木を準備して、水を切らさないように鉢植えすれば発根しどんどん育って翌年から翌々年には花を咲かせるようになります。 冬のあいだは軒下へ移動(寒冷地は室内に)。日光には朝か夕方すこし当たればokです。 紫陽花は冬にしっかり低温に当てることが必要ですが、霜には当たらないように管理します。 水やり. アジサイといえば、梅雨の風物詩として古くから親しまれている植物です。今回はそんなアジサイの挿し木や剪定の時期と方法、増やし方のコツについてご紹介します。 アジサイ(紫陽花)の増やし方!挿し木と剪定はセット? 紫陽花の「挿し木」は6月~7月 挿し木してある程度根が張ってきたら「鉢上げ」 その後の生長にあわせて「植え替え」 をおこなうのが一般的といわれています。 これらの時期を外したからと言って必ずしも失敗するとは限りません。 紫陽花には、以下の3つのステップ. 冬の間に何度も起きるので、簡単な防寒対策はしておきます。 秋の終わりに購入したアジサイの苗、みんな元気に育っています . アジサイは、初夏に行う一般的な緑枝挿しと、 冬に行う休眠挿しの両方で株を増やすことができます。 休眠挿しは、落葉している間に枝を切り取って挿す方法です。 緑枝挿しに比べると難易度が高いとされることもありますが、 コツを覚えれば、緑枝挿しよりも早く開花させることができます。 紫陽花の挿し木は発根しやすいですが、確実に発根して増やすためには挿し木をする茎選び、土選び、置き場所、挿し木の仕方、毎日の手入れなどの5つのコツがあります。初心者でも失敗しないで紫陽花の挿し木を確実に発根させる方法をお伝えします。