結婚式後のブーケいつまでも残しておきたいですよね。これまでドライフラワーや押し花など、結婚式後のブーケを残しておくやり方はありましたが、「お花の色が変化してしまう」「ブーケの形として残しておけない」という点がありました。 結婚式の思い出が詰まったウェディングブーケを、押し花やドライフラワーにして保存するアフターブーケが流行しています。アフターブーケを業者に依頼する方法や、相場価格、自分で手作りする方法などをまとめたので、ブーケをとっておきたい方は参考にしてみてください。 2020/05/20 - Pinterest で anmepanda219kas さんのボード「ドライフラワー」を見てみましょう。。「ドライフラワー, フラワーアレンジメント, ブーケ」のアイデアをもっと見てみましょう。 ドライフラワーブーケのメリット①ながーく楽しめる* ドライフラワーブーケは長く楽しめることが何よりも嬉しいポイント*結婚式の前撮りで持って、結婚式当日も使って、後撮りや新婚旅行のロケーションフォトでも持てるなんてとっても魅力的だと思いませんか?

ブーケに使われる花には主に「生花」「プリザーブドフラワー」「造花」の3種類がありますが、それぞれの特徴はご存知ですか?今回は「生花」「プリザーブドフラワー」「造花」それぞれを使ったブーケのメリット・デメリットについてご紹介します。 昔は「結婚式=生花」というのが一般的だったけど、近年のオシャレ花嫁たちは長期的に保存も可能なドライフラワーをさまざまな場面で取り入れて自分らしいアイテムを作成中♡そこで今回は、ドライフラワーを使った結婚式のアイテムたちをちょこっとご紹介! 結婚式に使われるブーケには、いろいろな種類があります。投げやすくてしおれないから事前に準備することができる造花を始め、お値段は高めだけれど香りや見た目のラグジュアリー感を楽しめる生花などがよく知られている所ですが、ドライフラワーを使うことも可能です。