そんな医師が大学病院の助教を務めていることも問題だが、なぜ1、2人で終わらずに18人まで“被害者”が増えてしまったのか。 「第一外科と第二外科の対立が招いた結果ではないでしょうか」 こう語るのは、群馬大学病院に勤務経験のある医師だ。 群馬大学医学部附属病院「殺人鬼医師・須納瀬豊」を許した、狂った体質。「最新版」 「最新版」 <2015・3・3掲載>あなた自身、もしくは家族、子供、父母、知人、友人が、手術後、4か月以内に死亡したら、一体、どう感じるであろうか? 群馬大学病院で腹腔鏡手術を受けた患者 さん8人が死亡した事件が連日注目を 集めていますね。 執刀医須納瀬豊の経歴【顔写真画像】 が詳しくわかってきました。 納瀬豊の経歴【顔写真画像】 須納瀬豊は鹿児島県出身です。 高校は千葉県の進学校である 千葉高校に通学しています。 循環器内科 呼吸器・アレルギー内科 消化器・肝臓内科 内分泌糖尿病内科 腎臓・リウマチ内科 血液内科 脳神経内科. 唖然! 群馬大学病院 第二外科で、同じ執刀医による、開腹手術、腹膜鏡手術で、30人が術後死亡していることが分かった。 これまでは、2009年4月以降18人死亡とされていたが、この医師の赴任時である、2007年4月まで遡ったら、さらに12人が見つかったそうだ。 名医検索サイトクリンタルが選び抜いた、群馬大学医学部附属病院に在籍している名医の一覧です。群馬大学医学部附属病院の予約の取り方、初診料など、受診時に役立つ情報が満載です。信頼できる名医を知りたいなら、名医検索サイト クリンタル。 大学病院の奈落高梨ゆき子難しい腹腔鏡手術に猛進した医師とチェック機能の不在が生んだ悲劇何とも悲惨な話である。前橋市にある群馬大医学部付属病院で難易度の高い消化器内視鏡(腹腔鏡)手術の「失敗」から8人もの患者が術後すぐの短かい期間に次々に命を落とした「医療過誤」事件。 群馬大学医学部が問題を起こしている。群馬大病院第二外科(消化器外科)で、2011~14年に行われた肝臓の腹腔鏡手術55例中8人の患者が術後4か月以内に死亡していた。また、開腹手術でも患者84人のうち、60~80歳代の男女10人が術後3か月以内に敗血症や肝不全などで死亡していた。 そんな医師が大学病院の助教を務めていることも問題だが、なぜ1、2人で終わらずに18人まで“被害者”が増えてしまったのか。 「第一外科と第二外科の対立が招いた結果ではないでしょうか」 こう語るのは、群馬大学病院に勤務経験のある医師だ。 名医検索サイトクリンタルが選び抜いた、群馬大学医学部附属病院に在籍している名医の一覧です。群馬大学医学部附属病院の予約の取り方、初診料など、受診時に役立つ情報が満載です。信頼できる名医を知りたいなら、名医検索サイト クリンタル。 群馬大学病院で、2011年から2014年に腹腔鏡を使った高難度の肝臓手術を受けた患者100名のうち、少なくとも8名が亡くなったとされる医療事故。 一般に医療という高度な専門性のある分野に関しては、 医療過誤があっても患者側はそれを追及するのは極めて難しい。 医学を学んだ弁護士がいればいいが、まず患者の勝訴は難しい。 実際に2014年の医療過誤訴訟は800件にも上ってお … 専門医プログラム.

群馬大学医学部附属病院 〒371-8511 群馬県前橋市昭和町三丁目39番15号 Tel 027-220-7111(代表) 群大病院の基本理念と基本方針 群馬大学医学部附属病院内科診療センターのホームページにようこそ。 平成27年5月より、内科診療センターが組織化されました。 センターについて. 一体群馬大学病院はどういう管理体制だったのだろうか?