その後、ジョーカーの暴動に参加し、ジョーカーの命と自身の命を天秤にかけバットマンと戦う。バットマンを追い詰めるも心臓を一時的に停止され敗北する。バットマンによって息を吹き返した後、tn-1を投与し上半身が巨大化、暴走する。 『バットマン: キリングジョーク』(原題: Batman: The Killing Joke)とは、1988年にDCコミックスから刊行された単号完結のグラフィックノベル作品である。 バットマンとジョーカーが主な登場人物となる。 原作はアラン・ムーア、作画は ブライアン・ボランド (英語版) による。

ジョーカーはバットマンに監禁されたうち どちらか1人を選ぶ(助ける)ゲームを仕掛けます。 DCコミックスの出版するアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。 リブート された「ダークナイト・トリロジー」の第1作目。 バットマンの無線には、周囲で雑談している人物の会話内容も入ってくる。 前作ではちゃんと翻訳されて字幕表示されていたのだが、今作では「なし」。 英語の音声が流れてくるだけで、なんて会話しているのか分からない。 ジョーカーはなぜバットマンに2人の監禁場所を逆に教えたか? 考えられるジョーカーの目的や意図を3つあげてみました。 バットマンに深い絶望感を与えるため. 『バットマン ビギンズ』(原題:Batman Begins)は、2005年のアメリカ映画。監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。.

会話に興味が無ければ、スタート位置から右の敵に注意しつつ、2階の敵2名の傍の手すりにR1orRBの押しっぱなしで ... バットマン「やるじゃないか(遠くから) ... 蹴り飛ばした後、ジョーカーが立ちあがるので、こちら側が数発殴る。 映画「ジョーカー」が2019年10月4日に日米同時公開されました。バットマンの永遠の宿敵ジョーカーを主人公とした初の映画として、彼の壮絶なオリジンを描いた本作品ですが、一部難解なシーンも含まれています。この記事ではあまりバットマン作品に馴染