薬剤アレルギーや食物アレルギーなどの原因を調べるための検査です。専用の短い針で皮膚を刺して、疑わしい物質をつけて15分後、30分後、1時間後に皮膚の状態を判定します。症状が強い場合は、安全のために入院して検査を行う場合もあります。 食物アレルギーそのものを治す薬は現在のところ開発されていません。しかし、食物アレルギーの症状を抑えたり、命に関わるような症状が現れた場合に発作を抑える薬など様々な対症療法的な薬があります。それぞれどのような薬があるのでしょうか。 抗菌薬に関連するアレルギー歴がある患者の場合 ... 入院後の検査として一般検査(HBV, HCV, STS, 血算、凝固系、一般生化、IgE、胸部X線、)と、呼吸機能(肺活量、Flow volume、肺気量分画、拡散能)、動脈血液ガス検査を施行 . 「病院でもらうアレルギーの薬って、どんなものがあるの?」「アレグラとシングレアって、薬の種類がどう違うの?」「アレルギーの薬を一覧にして欲しい。」など、色々な疑問があると思います。今回は、アレルギーの薬の種類と一覧をまとめてみました。 薬物アレルギーの症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。アレルギー科に関連する薬物アレルギーの治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。薬物アレルギーの診察ができるおすすめの病院をご紹介できるのは「いまから」機能搭載のホスピタ【hospita】!