従来の蛍光灯からled蛍光灯に交換するには電気工事士による工事が必要です。 led蛍光灯のバイパス工事とは既存の安定器の線を切断しledランプと直結する配線工事のことです。 ledは直流のため100v ledは経済的にもお得でメリットが沢山!ただ、蛍光灯をled化するには、工事が必要な場合があります。きちんと対応せずに交換すると経済的なメリットを得ることができないだけでなく、事故につながることも。今回は、蛍光灯のled化について徹底解説します。 安定器・・・蛍光灯を点灯させるとき、点灯に必要な電圧を安定供給する機械. 電気工事士の友達に来てもらって、直管の蛍光灯を直管ledへ交換してもらいました! 話が難しくてよくわかりませんでしたが、安定器のバイパス工事も一緒にやってもらいました。安定器に入る電線をそのままバイパスさせるだけ?でさらに節電効果が高まるそうです! キッチンの蛍光灯をled照明器具に交換してみました。通常の引掛け金具のあるタイプと違い、直接電線でつながっているタイプなので電気工事士の資格が必要になります。 蛍光灯器具のバイパス工事をしましたw . 『直管型LED蛍光灯にしちゃおう大作戦\(^o^)/』 ・・・たいした事ないけど(^^ゞ . led蛍光灯は既存の安定器(配線)を外す工事が必要です。 安心・安全にご使用いただくために、led蛍光灯タイプへの交換は、既存の蛍光灯器具内にある安定器(配線)を外す電気工事が必要です。 バイパス工事 これらの工事は蛍光灯が使用している安定器の取り外しを行う工事のことを言います。 この工事のことを、一般的にはバイパス工事、または電源直結工事と呼ばれています。 蛍光灯はすべての器具に安定器という装置が備わっています。 仕事のデスクライトに27w蛍光灯のアームスタンドを利用しています。だいたい1年ちょっとで買い換えるくらいヘビーに利用していますが、今回も買い替え時期がやってきたので、気になっていた蛍光灯タイプのLED蛍光灯っていうのを購入しました。 最近は、バイパス工事が必要なく、蛍光灯電球を交換するだけでいいタイプがあります この場合は、安定器を取り除いていないので、安定器にも電力が流れています 物置の天井の蛍光灯の調子が悪く、点灯にかなりの時間が掛かったり、チラついたりするようになりました。いい機会なのでバイパス工事を行い直管ledランプと交換しました。おことわり:バイパス工事には電気工事士資格が必要です。無資格で行うのは違法です

バイパス工事ができない蛍光器具とは led蛍光灯を設置するには通常バイパス工事という結線作業が必要です。しかし蛍光灯器具の中には例外的にバイパス工事ができないものが存在します。例えばソケット … 直管型蛍光灯に関しては、 安定器を取り外しledに適した配線に変更する工事(バイパス工事)が必要になります。 最近では、直管型ledでこのバイパス工事が必要ない 「工事不要」と謳っている商品が多くあ …
蛍光灯の外し方がよく分からず困っている方のために、丸型・直管などの種類別蛍光灯の外し方や様々な種類の蛍光灯カバーや本体の取り外し方の他、蛍光灯を交換しても明かりがつかないトラブル時の対処方法など、蛍光灯の交換や外し方に関して幅広くご紹介していきます。