行政書士は、1の場合でも、その業務を行うことが他の法律で制限されているものについては、業務を行うことができない; 行政書士が作成できる契約その他に関する書類を代理人として作成できる; 書類の作成について、行政書士は相談に応じることができる 行政書士試験は初挑戦でしたが、学習期間10か月で本試験232点(択一・多肢180点、記述52点)で合格できました。使用した教材はフォーサイトのバリューコースのみです(直前期に追加で2回分の模擬試験問題を購入しました)。フォーサイトを選んだ理…

職業が安定していないのが影響してか、住宅ローンを組めないこともあります。 結婚しても、マイホームが持てないなんて悲しいと思います。 このページでは行政書士についてご紹介します。行政書士にできること、できないこと行政書士ってなにをする仕事?とよく聞かれます。マンガやドラマの中で、弁護士さんと同じようなことをしている行政書士の描写をみかけます。しかし、当たり前ですが弁護士さ 登記や供託、過払い金返還訴訟など、幅広い業務を請け負う司法書士。しかし、それら司法書士の領域と思われる業務の中には、できない部分もあります。今回は、司法書士の4つの業務内容に焦点を当て、「できること」「できないこと」をそれぞれご説明します。 行政書士には未成年ではなることができないと書いてありましたが、資格所持はできますか? 私は行政書士になりたいという目標のため、大学受験を頑張ろうと思っていましたが、センター試験を大失敗してしまい、浪人するくらいなら専門学校へ入って勉強しようと思い、この質問をしました。 行政書士になるには国家試験に合格する必要があり、簡単になれる職業ではありません。 最近では行政書士は飽和状態になりつつ、ベテラン行政書士だからといって廃業しないとは言い切れません。. その結果、自分自身の人柄も見せることができず、結果として集客できない行政書士になっていたんですね。 さて、あなたも同じような事例になっていませんでしょうか? 玄徳庵ではその人一人一人の事例に合わせて、長く続けられる。