賃貸マンションを契約する際、不動産会社から火災保険への加入を強くすすめられることがあります。しかし、指定された保険に加入した場合、自分にとって必要な補償を受けられないこともあります。今回は、火災保険はどんな保険なのか、どんな補償があり、どんな種類があるのかを解説。 火災保険は賃貸契約時に不動産屋指定で加入?自分で選べないの? 賃貸物件用の火災保険、引っ越しの場合は?途中解約?住所変更? 火災保険(賃貸物件用)は、ライフスタイルに合わせて選ぼう; 火災保険(賃貸マンション・アパート)とは?なぜ必要? 借家人賠償保険金額は1000~2000万円程度; 家財保険のウェイトは大きい。低くすれば保険料大幅節約; 個人賠償責任保険を付けるか?付けないか? まとめ。賃貸用火災保険は自分で探して加入がおすすめ 賃貸物件の契約や更新の際、必ず火災保険への加入が求められ、契約料、更新料のほかに火災保険料が加算されるケースが多いと思います。そもそも火災保険とは何なのでしょうか。そして、不動産屋さんで契約しなければならないものなのでしょうか。

賃貸アパートの部屋を借りる時には必ず火災保険に加入します。しかし不動産屋に言われるまま入っていませんか?火災保険の相場を知らずに加入すると損しているかもしれませんよ。私も以前は火災保険のことを全く考えておらず、不動産屋に言われたとおりに加入 賃貸住宅の火災保険の選び方のコツ. 火災も、自分がいくら気を付けたところで起きる可能性は0にできないし、無保険で火災を起こしてしまえば賠償などで人生詰みます。 こういう、 『可能性は低いけど、起きたら人生終了』 の出来事に備えるのに保険は非常に優秀な仕組み です。 賃貸を借りる時に、不動産屋から火災保険の加入を勧められます。 賃貸契約をするにあたっては、火災保険の加入が必要と契約で決められている場合もあります。 この火災保険、「自分の持ち家でないのになんでいるの?」と考えたことはないでしょうか。 このように、家を賃貸する場合も、火災保険に入らないと、自分が火災を起こした場合も、他から出た火災で被害を受けた場合も、大変なことになります。だからこそ、火災保険に加入すべきなのです。 3.賃貸の火災保険で重要な補償内容.