そこで、退職月の給与がどのように構成されるのか、今一つわかっていなかったので、自分の明細を詳しく調べてみることにした。 基本給と残業代について. 退職後に給与明細を確認すると想像以上に給与が少ないと驚いた方も多いのではないでしょうか。 通常給与からは、健康保険料を引かれたり交通費を支給されたりします。 ですが、退職月の給与は通常と違い、引かれるもの額も大きいことがあります。 こんにちは! SmartHRの副島(そえじま)です。先月、Twitterで話題になった投稿がありました。 カンタンに整理すると、このような内容です。 退職後に1月の給与明細が送られてきたが、その明細の金額はマイナスで「返 … 続きを読む 「退職したらナゼか給与の返金を求められた・・・! 発行済みの給与明細を「再発行して欲しい」と言われたら、どのように対応していますか?法律的には再発行の義務はありません。企業の方針として自由に選ぶことができます。ここでは再発行の要求が求められる各種ケースや明細データ保存期間について解説します。 給与明細を見ると、どのような項目が給与計算に使われて、最終的な支給額に至ったのかを理解できます。給与計算を理解できるよう、給与明細に記載される各項目についてまとめました。

会社から給与明細をもらえないのですが,これは違法ではありませんか?給料明細を発行させる方法はありませんか?労働問題に関するq&aをまとめています。残業代請求などの労働問題に関する無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所にお任せください。

退職後に給与明細を確認すると想像以上に給与が少ないと驚いた方も多いのではないでしょうか。 通常給与からは、健康保険料を引かれたり交通費を支給されたりします。 ですが、退職月の給与は通常と違い、引かれるもの額も大きいことがあります。 中途採用での求人を出している会社の中には、応募書類や入社後の提出書類に「前職での給与明細」と提示している会社があります。このような会社であれば、前職の給与明細を提出しなければならないものでしょうか?また、なぜ給与明細が必要なのでしょうか。

会社から給与明細をもらえないのですが,これは違法ではありませんか?給料明細を発行させる方法はありませんか?労働問題に関するq&aをまとめています。残業代請求などの労働問題に関する無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所にお任せください。
給与明細の退職後の会社での扱いは? 前提として、会社では給与明細を三年間保管するということが法律で定められています。 ちなみにともに必要となる場合も多い源泉徴収票は、その申告書の提出期限の属する年の翌年1月10日の翌日から7年間の保存が定められています。 今年3月にある会社を退職したのですが、最後の給与の振込みの額を見ると、その月だけ通常の半分くらいでした。なぜでしょうか?最後の月は有給消化ということで1日も出社はしていませんが、それが関係していますか?勝手に欠勤扱いにさ 先ず、今まで貰っていながら知らなかったが、自分の会社の給与は、


給与明細や源泉徴収票の管理義務というのは退職者にもあるので、仮にすでに 退職した会社であっても 再発行を依頼することはできます。 源泉徴収票は、その申告書の提出期限の属する年の翌年1月10日の翌日から7年間保存する必要がある 退職金って 給与明細みたいに 明細書は 出るんでしょうか?明細書が出るかどうかは、会社によって違うでしょう。ただ、会社は「退職所得の源泉徴収票」を発行する義務があるので、それはもらえるでしょう。退職金は給料のように社会保険