熊本市のグレースメディカルクリニックでは遅延型フード(食物)アレルギー検査を行っております。食生活の中でどの食物が、あなたの体に害を与えている可能性があるのかを知るお手伝いをいたします。指先からのごく少量の採血で、一度に96種類もの食品を調べることが出来ます。 ※遅延型フードアレルギー検査を受けられる医療機関は、全国に90カ所以上あり、費用は4万円程度(自由診療)。 検査キットを購入して自分で採血し、郵送で調べてもらうこともできます。 遅延型食物アレルギーは、本人でも気づきにくい疲労の原因の1つです。 遅延型食物アレルギーに気づかない理由は、 よく知られる食物アレルギー(即時型)とは異なり、 その存在自体があまり知られていないことと、 遅延型食物アレルギーの症状がその名の通り「遅れて発症する」からです。

また自由診療として、巻き爪のワイヤー治療、ピアスの穴開け、分子整合栄養医学に基づく栄養療法、唾液コルチゾール検査、遅延型食物アレルギー検査、腸内環境検査、などをおこなっております。 患者:血液検査でIgG抗体が陽性の遅延型食物アレルギーがあるからコメを食べないように言われて食べていないのですが、これからも食べてはいけないのでしょうか。 医師(私):コメを避けて変化はありましたか? 患者:何もありません。 「遅延型」は「即時型」ほど重篤な症状になることは少ないですが、 症状の発現が遅い ため症状と原因食物との関係がわかりにくく、 原因が食物にあると認識することが困難 です。 そのため、原因がわからないまま何年も症状に苦しんでいる人が沢山います。 原因不明の体調不良や、慢性的な疲労感、慢性的なアレルギー疾患等々。 これらに遅延型のフード(食物)アレルギーが関与してる事が、最近注目されています。貴女は、その様々な不調を、何時検査が認可されるかわからない現状で、認可されるいつの日かを待ちますか?